井上貴詞建築設計事務所

井上貴詞建築設計事務所からのお知らせ

worksを追加&更新しました

DSC07794

今春完成した2つのプロジェクトについて、worksに追加・更新しました。

一つは延床面積18坪ほどの小住宅、「北のちいさないえ」を新規に追加。

そして以前からアップしていた「円応寺通のスタジオ」も竣工写真に切り替えました。

 

DSC07804

「北のちいさないえ」は、ブログでも随時計画の様子をアップしていましたが、

身の丈サイズのちいさいおうちをコンセプトに、段差や吹抜によって視線の高さを

コントロールし、小さなスペースでも空間以上に広く感じるような工夫を随所に

盛り込んでいます。

 

写真でいくらかでもその雰囲気が伝わることを期待しています。

ぜひ、ご覧下さい。

http://takashiinoue.com/#works

 

DSC07855

DSC07937

DSC07917

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>オープンハウスを開催します(桜町の家)

DSC0520

山形市内にて新築工事をすすめていた「桜町の家」の完成に合わせ、建て主さんの

ご厚意により完成内覧会を開催することになりました。

 

敷地南側に既存のちいさなプライベートの庭をもち、北側には大きな公園に囲まれた

延床面積30坪ほどの住宅です。古材を活かした門と車庫も見どころの一つです。

時間指定の事前申し込み制となるので、家づくりに興味のある方、建築の好きな方など

お早めにお申し込みください。

 

| 桜町の家 オープンハウス|

日時:2017年5月27日(土)、28日(日) 10時~17時

場所:山形県山形市桜町(詳しい場所は申込時にご案内します)

※現地に駐車場がないため、近隣パーキングをご利用ください

申込方法:メールにて、住所、氏名、参加人数、希望日時、連絡先を明記の上、

info@takashiinoue.comまでお申し込みください

申込期限:当日まで可(空いている時間があれば当日でも受付可能)

 

備考:・見学時間は一組およそ1時間ほどを予定(予約状況により変動あり)

・見学時には備え付けの手袋やスリッパを着用していただきます

・敷地内での飲食、喫煙、トイレ等の使用は不可とします

・参加者への営業等は一切ありませんのでお気軽にお越しください

 

主催:井上貴詞建築設計事務所

協力:祥建設

 

お問い合わせ:井上貴詞建築設計事務所

山形県山形市緑町4-3-5-2F

tel&fax 023-665-4865

http://takashiinoue.com/

info@takashiinoue.com

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>オープンハウスを開催します

|北のちいさないえ(住宅新築)|

DSC0055

山形市内にて新築工事をすすめていた「北のちいさないえ」の完成にあわせ、

完成内覧会を開催します。

「自分たちの身の丈に合った、ちいさいおうちを」という建て主さんの当初からの

コンセプトを受けて、延床面積およそ18坪のコンパクトな住まいを提案しました。

山形市におけるオープンハウスは事務所としても初めての試みです。

今回は時間指定の事前申込制となるので、家づくりや建築に興味のある方は

お早めにお申し込み下さい。

 

[北のちいさないえ オープンハウス]

日時:2017年4月22日(土)〜23日(日) 10時〜17時

場所:山形県山形市北町(詳しい場所は申込時にご案内します)※駐車場2台分あり

申込方法:メールにて、住所、氏名、参加人数、希望日時、連絡先を明記の上、

   info@takashiinoue.comまでお申し込み下さい

申込期限:当日まで可(空いている時間帯があれば受付可能)

 

備考:・見学時間は一組およそ30分ほどを予定(予約状況により変動あり)
・見学時には備え付けの手袋やスリッパを着用していただきます
・敷地内での飲食、喫煙、トイレ等の使用は不可とします

 

主催:井上貴詞建築設計事務所

協力:加藤建築

 

お申し込み・お問い合わせ:井上貴詞建築設計事務所
山形県山形市緑町4-3-5-2F
tel&fax 023-665-4865
http://takashiinoue.com/
info@takashiinoue.com

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

works追加しました

DSC1228

ホームページのworksに、「まちの雑貨屋」を追加しました。

戦前から地域で親しまれてきたものの閉院してしまった「まちの医院」。

その医院建物を、先生の娘さんが街なかの雑貨店として再生し、昨年無事オープンしました。

 

DSC1040

雑貨屋の数ある商品のなかで、お気に入りの一品を見つけるように、

街なかにあって「こんな場所があったんだ」というようなちょっとした発見の場に

なればと思います。

 

ぜひ、ご覧下さい。

http://takashiinoue.com/#works

 

DSC1011

DSC1111

DSC1134

DSC0983

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>YAMAMORI PRODUCT [CUTLERY]

0001

LCSとして主催しているYAMAMORI PROJECT。

昨年からYAMAMORI PRODUCTという企画で、山形県産材のカトラリーの試作検討を

すすめていますが、その体験モニターをしていただける方を募集しています。

モニター募集するのは普段づかいのできる5種の木製カトラリーセット(スプーン、

フォーク、バターナイフ、デザートスプーン、スープスプーン)。

身近な山や森から生まれた木製品を、自分の暮らしに取りいれてみませんか?

多くの方からの応募お待ちしております!

 

募集期間
2017年3月1日(水)~15日(水)

モニター期間
2017年3月中旬~3月31日(金)

参加特典
ご利用いただいた木製品はモニター期間終了後、そのまま進呈いたします。

応募条件
1・木製品利用後に、アンケートに回答していただける方
2・木製品利用中の意見や感想を、利用状況の写真とともに、ご自身のSNS※等で投稿していただける方(※SNS例:Facebook、twitter、ブログなど)
3・ご自宅までの木製品の送料を負担していただける方(着払いとなります)

応募方法
メールにて、タイトルを「YAMAMORI PRODUCT」とし、住所、氏名、電話番号、年齢、性別をご記入の上、lcs_contact@yahoo.co.jpまでお申し込みください。(申込みいただいたらこちらから確認のメールをお送りします)

募集人数
10名(応募者多数の場合は抽選となります)

スケジュール(モニター参加の流れ)
STEP.0 メールによる応募申込み
STEP.1 主催者より申込み受理のご連絡
STEP.2 募集期間終了後、参加者へ連絡(応募者多数の場合抽選)
STEP.3 木製品の受け取り(宅配)
STEP.4 木製品の利用(自宅や職場などで)
STEP.5 利用状況のSNS等による投稿
STEP.6 アンケートへの回答・返信
STEP.7 モニター終了&グッズ進呈

注意事項
・SNS内での木製品の照会先の明示をお願いします。(例:YAMAMORI PRODUCT)
・投稿いただいた記事は本プロジェクトのFacebookページ等で紹介させていただく場合がございます。
・木製品の利用前には、記載の使い方や使用上の注意をよく読んでお使いください。

主催:LCS(ルクス)
協力:木の工房エヌ・ワークス
平成28年度山形県みどり環境公募事業

 

0002

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>JIA作品展・住宅相談会

作品展

私も所属している日本建築家協会(JIA)山形地域会の作品展と住宅相談会が

今週末、山形市の洗心庵でひらかれます。

JIAに所属している山形の建築家の近作が一堂にみられる希少な機会なので、

ぜひお越しください。

作品展2

JIAには、山形の組織設計事務所から小さな個人設計事務所まで、それぞれの規模で

設計に取り組む多様な建築家が顔をそろえています。

会員作品展では、公共施設から一般住宅まで、多彩な仕事の一端を覗けるかもしれません。

私も進行中の模型やパネルなどを展示する予定です。

 

また4日(土)の夜に、蔵オビハチにて「サクラマスの学校」と称したJIA主催の講演会&

交流会がおこなわれます。ここ数年JIA山形地域会に入会した(私を含む)3人の建築家

のスライド上映会が予定されています。興味のある方は是非ご一報ください。

 

|2016年度 山形地域会会員作品展・住宅相談会|

日時:2017年2月4日(土)12時~18時、2月5日(日)10時~17時

場所:山形県緑町庭園文化学習施設「洗心庵」

(山形市緑町1-4-28)

入場:無料

主催:公益社団法人日本建築家協会東北支部山形地域会

 

|サクラマスの学校(新入会員スライド上映会)|

日時:2017年2月4日(土)18時半~21時

場所:蔵オビハチ

(山形市十日町3-1-43)

会費:3000円(軽食+2ドリンク)

発表:矢野英裕会員、井上貴詞会員、石山多喜子準会員

申込:JIA山形地域会事務局(羽田設計内)tel:023-622-2818

hada@hada-sekkei.jp

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

works追加しました

dsc3437

ホームページのworksに、「市プロジェクト」を追加しました。

今年9月に開催された「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で実現され、

4つの「市」の空間・什器の設計をおこないました。

 

dsc4299

dsc2994

 

また、これまで掲載していた「下反田のガレージ」の写真を更新しました。

名称は「カンノウェルディング」に改まります。

オリジナルで制作が進んでいた家具が一通りそろったタイミングに合わせ、あらためて

竣工写真を撮影したものを掲載しています。

 

ぜひご覧ください。

http://takashiinoue.com/#works

 

dsc03284_s

dsc03196_s

dsc03291_s

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>森の市と芋祭

dsc7041

伝承野菜農家「森の家」さんが主催する秋のイベントを2つご紹介します。

一つは今年初開催の森の市「北の山形、南の秋田」。

山形北部と秋田南部からよりすぐりの出店者が集まるマルシェ&ワークショップです。

会場はなんと「森の家」。この機会にぜひ古民家リノベもご体感ください。

 

北の山形 南の秋田

日時:2016年10月15日(土)10:00〜15:00

場所:森の家(山形県最上郡真室川町大沢2052-1)

入場無料・雨天決行・新庄駅からの無料バス有(要予約)

お問い合わせ:森の家 佐藤春樹(090-7795-2701)

WEB:https://morinoichi.wordpress.com

Facebook:https://www.facebook.com/events/1107953745925587/

その他:山形と秋田の出店にお面作りや藁細工のワークショップ有り

※駐車場:真室川町あさひ小学校(山形県最上郡真室川町大沢1386-2)

会場は住宅地となるため、自家用車は駐車できません。駐車場より無料バスが随時運行中

ですので、ご来場の際は必ずバスに乗って会場にお越しください。(乗車時間:約5分)

 

dsc7039

もう一つが毎年恒例の甚五右ヱ門芋収穫祭「芋祭2016」。

例年と異なり、今年は芋掘りと芋煮会に特化した予約制の人数限定イベントとなります。

こちらの会場は森の家の畑。真室川の奥地のとても澄んだ場所です。

すでに定員間近という話も‥

 

芋祭2016

日時:2016年10月21日(金)・22日(土)

   11:00~14:30(10:45までに真室川駅集合。移動は各自家用車で)

定員:各日40名限定(要予約/定員になり次第終了)お申し込みはこちら

場所:森の家の畑(雨天時は、ふれあいセンター安楽城(山形県最上郡真室川町大沢837-6)

参加費:¥3,500(大人)¥2,000(小学生)

芋手ぬぐい、昼食(芋煮とおにぎりと郷土食、天然鮎の塩焼き)、芋掘り1株分を含む

*小学生料金には芋掘りは含まれておりません(芋掘りは別途1000円)

*小学生未満は昼食無料ですが、手ぬぐい・芋堀りは付いておりません

諸注意:当イベントは予約制です。当日受付は行っておりません

シャトルバスはございません。各自、乗り合わせの上、自家用車でご来場ください

WEB:http://www.morinoie.com/imofes/

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

2016年度グッドデザイン賞を受賞しました

g_type2016_h

DSC02657

DSC03000_S

当事務所で設計を手がけた美術修復家のアトリエ兼住居「大河原の家」と、女川のギター

ファクトリー「GLIDE GARAGE」が、このたび 2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。

http://www.g-mark.org/award/

 

大河原の家は、アトリエと住居を開放的に結びつけた内部空間と周辺環境におけるその佇まい

の良さを評価していただき、またGLIDE GARAGEは、単なる販売—消費という図式を超えた

モノづくりの現場の活力をきちんと評価していただけてうれしく思います。

 

ともに東北を拠点としてその枠にとらわれない活躍をされている建て主さん。

独立して日の浅い私を信じて委ねてくれたその恩に、少しでも応えられていればと思います。

これからますます両拠点が盛り上がっていくことを願います。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016

山姥

2年に一度開催される「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」が、いよいよ来週から

9月の約一ヶ月間、山形市中心街ほか県内各地ではじまります。

https://biennale.tuad.ac.jp/

そのなかで、私の事務所では「市プロジェクト」の空間・什器設計を担当させて

いただいております。

 

芸術界隈

「市プロジェクト」は、古くから〈市の街〉として栄えてきた山形市七日町界隈に、

手仕事・農作物・アート・服・本の5つの市を立て、東北に根ざした活動をおこなう

クリエイターや生産者を紹介するプロジェクトです。

 

5つの市は、

「山姥市」:市民有志が山のセンダツから学んだ技で、土産のルーツとしての山苞

(ヤマヅト)を制作・販売。ものづくりのこれからを見据え、山の手仕事を伝承・

交易させる場としての市庭(いちば)をひらく directed by アトツギ編集室

 

「山形衣市」:形の服飾産業を県内外に発信するため、ブランド4社のコラボレーション

でコレクションを制作・発表する。モチーフは安部公房の小説『砂の女』。展示終了後

に、コレクションの販売会も開催する directed by 飛田正浩

 

「芸術界隈」:中山間地の廃校や、セルフリノベーションした元旅館などを拠点に活動する

アーティストが集結し、七日町御殿堰の緑地に仮設の「芸術界隈」を出現させる。山形在住

の気鋭アーティストから絵画や陶器の作品が直接買えるアートの市 directed by 三瀬夏之介

 

「ふうどの市」:毎週1名のゲスト農家を招き、昼は旬の伝統野菜や果物を販売。隣では地元

の料理人がゲストの食材を使ってフードを提供する。また、夜は農家との交流イベントを開催。

「見る・食べる・対話する」を通じて「作る人と食べる人の幸せなつながり」を提案する。

directed by 松本典子

 

「本の市(ブックトープフェス)」:県立図書館を併設する遊学館では、朝から夜まで1日

ロビーを借り切り「山形×本」を心ゆくまで楽しむ本のフェス「ブックトープフェス」を

開催。本のマルシェやゲストによる多彩なワークショップ&トークで、街と人をつなぐ

本の可能性を探る directed by ナカムラクニオ

 

と、多彩な内容です。それぞれの開催場所・日時はホームページをご確認ください。

 

ブック

私の方ではこのうち、山姥市・芸術界隈・ふうど・本の市の4つの市でそれぞれ什器と

空間を設計しています。来週頭から設営作業も本格化していきます。

9月3日(土)に開幕するので、ぜひ都合の良いときに足をお運びください。

 

ふうど

山形ビエンナーレではもうひとつ、トークイベントにも出演します。

9月24日(土)13:00-14:30

「洗心庵を読み解く」@洗心庵  三瀬夏之介×井上貴詞(建築家)

山形ビエンナーレ出品作家の日本画家、三瀬夏之介と、山形市緑町在住の建築家、

井上貴詞が会場である洗心庵の歴史をひも解きながら作品解説を行います

 

これは、洗心庵で開かれる日本画家・三瀬夏之介さんの展示の関連イベントとして

おこなわれます。

 

「三瀬夏之介個展 山形の絵 -小盆地宇宙-」@山形県緑町庭園文化学習施設 洗心庵

9月3日(土)~25日(日)9:00-17:00(5、12、18、19日休館)

http://www.gakushubunka.jp/senshin-an/

山形ビエンナーレ2014で、大和から東北へ列島を縦断するような巨大屏風「日本の絵」

を、東北芸術工科大学7階ギャラリーで発表した 三瀬夏之介。本芸術祭では、暴れ川

だった馬見ヶ崎川のかつての流路や、網の目のように流れる山形五堰など、いにしえの

水の記憶をベースに、山形の可能性を 呼び覚ますインスタ レーションを岩城亘太郎が

作庭した「洗心庵」で発表する。蔵王の巨石や室町期の野仏などを配した池泉回遊式

庭園に、「宝来舟」や「小盆地宇宙」の世界観を 重ね合わる新たな山水画を創出。

建築家の井上貴詞とのトークもおこなう。

 

三瀬さんとは「市プロジェクト」の方でもお世話になっています。洗心庵の空間に

三瀬さんのどんな絵が展開されるのか、いまから楽しみです。

こちらもぜひ足をお運びください。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

 

井上貴詞建築設計事務所