news

外壁貼り

|桧町の家(住宅新築)|

桧町の新築現場は、いよいよ外壁工事に入りました。
南・東面はスギの下見板張り。「桜小路の家」以来久しぶりの登場です。
保護塗料のウッドロングエコを先に塗ってからの施工です。

北面には屋根と同色のガルバリウム鋼板を横葺きで。
南北でまったく表情が変わります。

内部は天井の厚い断熱材と気密シートが入り、これから仕上げのシナベニヤが
張られる予定です。
リビング南面は樹脂サッシで開口部をたっぷりとっています。

玄関の断熱ドアを開けたところ。
鋼管の列柱がアプローチと駐車スペースを区切る役割となります。
軒が深いので雨雪を避けて家と車の間を行き来できる雪国向けのつくりです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

風穴

|上町の家(住宅新築)|

基本設計がまとまり、これから実施設計に入る「(仮称)上町の家」。
建物形状は全体としてみると切妻屋根のシンプルなものになりますが、
光や風を取り込むように、建物に中庭やテラスといった外部空間が埋め込まれた
かたちとなっています。

プライバシー性は確保しつつも、周囲の自然や庭とつながり、風が通り抜ける家。
開口部の位置や形状はまだまだ検討の余地がありそうです。
暮らしやすい家となるよう、引き続き設計を煮詰めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

庭師

|沼木の家(住宅新築)|

工事のため一度剪定してもらった柿の木ですが、いざ基礎が出来てみるとけっこう
まだ枝を切る必要があることがわかり、再度剪定してもらうことに。

山村造苑の山村社長と職人さんが来てくださり、剪定作業の段取りを確認。
山村社長が幹の成長を予測して切る位置と切り方を職人さんに的確に指示していく
ようすにじっと見入ってしまいました。

基礎工事も無事きれいに完了しました。基礎断熱は100mmの厚さ。
これから玄関ポーチや内部土間のコンクリートを打つ予定です。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

桧の空中バス

|桧町の家(住宅新築)|

桧町のエントランス部分。張り出した2階の下は駐車スペースになっていて、
軒天に硬質木毛セメント板という材料を張っているところです。

葺き上がった屋根は大きく3つの面が折り曲がりながら連続する形になっています。
下の2面はガルバリウム鋼板の横葺き、一番上の面は縦ハゼ葺きです。

樹脂サッシが取り付き、壁も充填断熱がおわりボードが張られていきます。
天井の断熱施工(内側)はこれから。
屋根形状が室内に現れてきています。ここは1階の広間(リビング)部分。

この桧町の家では、プライベートエリア(主寝室・浴室・洗面脱衣・WCなど)を
2階にまとめています。2階に持ち上がった浴室からは、東の空が広く望めます。
浴室はハーフユニットバスで、壁・天井に桧の板が張られる予定。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

製材所にて

|沼木の家(住宅新築)|

昨日は沼木の現場の木材検査。
立派な磨き丸太が二本とどいていました。
この丸太柱が中心になって、家を支えていきます。

その他の柱や梁の材料も揃っていました。
柱や梁は山形県産のスギ、土台は山形県産のカラマツをつかいます。
これから工場に運ばれ建て方に向けて加工されていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

東の空へ駆け上がる

|桧町の家(住宅新築)|

台風も一段落? 桧町の現場がふたたび現場シートで覆われました。
外壁は付加断熱が施され、防水シートで包まれていきます。

内部の方は、柱間の充填断熱がはじまっています。
断熱材を入れる施工精度を細かく指示し、断熱性能がしっかり発揮されるように
慎重に見ていかなければなりません。

桧町の家は、プライバシー性の高い主寝室・洗面脱衣・浴室等のエリアが2階に
まとまっています。写真は主寝室。
左側が東の方角で、外には一面バルコニーが回ります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

寒露

|沼木の家(住宅新築)|

日が暮れるのが早くなっているのを実感します。
夕暮れ間際の配筋検査。
あさってには基礎のコンクリートを打設する予定です。

10月に入り、朝晩の冷え込みを感じるようになってきました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

台風を警戒しながら

|桧町の家(住宅新築)|

桧町の現場は、連日大工さんによる木工事が進行中。
すこしずつ間柱も入っていきます。

二階部分からの見返し。
手前が塾スペースの吹き抜けにあたります。

2階から張り出した軒先。
この軒下は一面バルコニーとなります。

屋根のルーフィングシートが敷かれています。
これから屋根の板金工事がすすみます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

基本設計中

|上町の家(住宅新築)|

設計中の「上町の家」は、おおよそ基本プランが固まってきたかと思います。
写真は、そこに至るまでの試行錯誤の経緯。(現在案の模型は写っていません、、)
敷地環境や与条件によっては一つの案でバシッと決まるものもあれば、可能性を
ひたすら試しながら紆余曲折を経て姿形が見えてくるものもあり様々です。

基本プランが固まってきたとはいえ、まだまだ検討課題が山積みです。
より良い設計になるようスタディを繰り返してまとめていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

1/50スケール

|沼木の家(住宅新築)|

先週地鎮祭の行われた「沼木の家」。
来年1月いっぱいの完成をめざしていますが、縮尺1/50の模型ができたので
一部ご紹介します。現場ではこの模型も使いながら職人さんたちと細かく
打ち合わせをしていければと思います。

2世帯同居で、二階部分は子世帯の住まい。
全体的に屋根の勾配に合わせた天井形状となっていて、2本の丸太柱に寄り添うように
暮らしの中心が置かれるかたちとなっています。

一階部分は共用の玄関、食堂を中心に、親世帯のスペースに守られたかたちに
なっていて、各世帯が独立した居場所を確保しながらも、一緒に集える空間も
大事にしています。

外観は割とシンプルな総2階の建物にしていますが、内部は2世帯の暮らしに
合わせて流動的に変化していく面白い空間になっているのではないかと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]