news

遣り方

|桜田のカフェテラス|

桜田の現場は、基礎工事に先立ち、遣り方をしております。
今週は山形もずいぶんと暖かくなりました。

遠くに見える、大きな建設中の建物は、山大医学部近くのルートインホテルです。
開業予定が今年の5月18日ということのようです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

太陽光

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場は、外壁の塗装工事がおこなわれています。
陰影のある粗目の塗り壁です。

2階へ上がる階段もすっかり出来上がっています。
視線の先のガラスの向こうに、ブナの木が見えてくる予定。

屋根の上にはびっしりソーラーパネルが載りました。
寄棟屋根なので、東西南面にそれぞれ設置してあります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

借景

|桜田のカフェテラス|

カフェの建つ場所は、幅広い遊歩道に面していて、その先に河川があります。
川の流れは直接見えませんが、河川敷に植わる桜の木が歩道に寄り添うように
並んでいるのがわかります。

ちょうど木々の間から瀧山がきれいに見える位置に、うまく客席を配しています。
客席からはもちろん桜並木も拝めます。
遊歩道を歩く人の視線と、カフェ内部の人の視線がぶつからないように、カフェの
床高をすこし高めに設定しています。

来週から基礎工事が始まる予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

杉フローリング

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場、戸枠など造作工事がおこなわれています。
造作家具も施工図をチェックしながら、一つ一つ入れていきます。

2階の床に、仕上げの無垢の杉板が張られていきます。
引き戸の下には木製のVレールが埋め込まれ、スッキリした納まり。
無塗装の杉板には、最後に蜜蝋ワックスで仕上げる予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

花とカフェのある風景

|桜田のカフェテラス|

小さなカフェの大きな夢の実現が、いよいよ始動します。
ご相談いただいてから一年、とても素晴らしい場所と、とても素敵な人たちとともに、
ロマンを感じるような魅力ある場づくりをしていきます。

建物ができて完成ではなく、絶えず進化しながら愛されていくような、いろんな人に
立ち寄ってもらえる居心地の良い空間にしていければと思います。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

みんなの食堂

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場は、まもなく外壁の仕上げ工事に入っていくところ。
今回の外壁は深みのあるグレー色の粗めの塗り壁です。

1階のその名も「みんなの食堂」。
2世帯が共用で使えて集いの場となるダイニングスペースです。
上部の本棚が出来てきました。

2階天井のラワンベニヤが良い感じに張られています。
床には厚い遮音マットが敷かれ、下階への音をなるべく軽減しています。
これからキッチン周りの家具がつくられます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

天井ラワン

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場は、内装の下地工事が進んでいます。
天井内に断熱材が入り、気密シートが張られ、これから天井材のラワンベニヤで
仕上げられていきます。
ここまでくると、空間のボリューム感がはっきりしますね。

2階の個室はすでに天井仕上げのラワン材が貼られました。
壁の仕上げは漆喰調のクロスになる予定です。
天井と壁の取り合い部に回り縁は付けず、目透かしですっきり納めています。
窓周りも下枠だけにしてクロス巻き込みの納めとしています。

2階のウォークインクローゼットは壁と天井の仕上げがすでに済んでいます。
壁はシナベニヤ貼り、天井はラワンベニヤ貼りですが、最近のラワン材は明るい
色が多いため無塗装状態だとあまり差が感じられません。

今回木工事を担当している技よし建築さんの手により綺麗に仕上げられています。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

麻のじゅうたん

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の家では、2階のちょっとしたスペースの床を麻緞通敷きにする予定で、
建て主さんたちと一緒に中山町の穂積繊維工業さんにお邪魔してきました。
穂積さんに工場も案内していただき、実際のモノを間近で見せてもらいました。

材料と色とその組み合わせを、いろいろ試し中。
麻だけでなくウールの配合や占める割合によってもだいぶ印象が変わります。
麻緞通は夏はさらっと、冬でも湿気を含みづらくひんやりしないので良いです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

軒の下から

|沼木の家(住宅新築)|

少しだけ春を感じるような日射しの日が増えてきたように思います。
沼木の現場は、天気がよいと2階からブナの木越しに瀧山が見えます。
瀧山の横にちらっと見えるのは蔵王の熊野岳かな?
山が見えると安心するのは、山形盆地で生まれ育った者の性分でしょうか、、

建物正面に下屋が付きました。
木部の塗装色は、サッシの色に合わせて。
こんな青空がつづくと作業も余計に捗りそうな気がします。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ボード貼り

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場は、外壁まわりのサッシが一通り取り付き、おおよその顔が見えてきました。
外壁は塗り壁になる予定。
二本のブナが建物にしっかり寄り添っているようです。

内部は下地のせっこうボードが貼られていきます。
室内にも二本の木がしっかりとそびえ立っています。

2階の広間部分。
天井は一番低いところで2.1mもありませんが、屋根形状がそのまま表れた天井によって
だいぶ広く感じられます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]