井上貴詞建築設計事務所

井上貴詞建築設計事務所からのお知らせ

建築設計製図Ⅲ

DSC8983

毎年非常勤として担当させてもらっている山形大学3年後期の「建築設計製図」の授業。

先週が学内での講評会で、今日は十一屋さんにお邪魔しての学外講評会。

8名の学生にそれぞれの設計案をプレゼンしてもらいました。

 

DSC8991

講評をいただくゲストは、十一屋の松倉社長をはじめ、七日町商店街の岩淵理事長、

山形七日町まちづくり株式会社の方々。

学生にとっては、専門外の方のリアルな声を聞く貴重な場になります。

 

DSC9008DSC9017DSC9030DSC9041DSC9073

長時間にわたり学生のプレゼンに耳を傾け、忌憚のない意見を言っていただいたゲストの

方々には本当に感謝申し上げます。

 

DSC9090

学生たちの力作、例年同様2月中に、街なかで展示会をおこなう予定です。

詳しいことが決まったらまたお知らせします。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

現場打合せ

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC8964

上山の現場で、大工の棟梁と打ち合わせ。

仕上げの確認や細かい納まりの検討など、、

とても熱心に取り組んでくださる棟梁にはいつも頭が下がります。

 

DSC8971

床の下地もきれいに仕上がっています。

あらためて業者さんを呼んで、シロアリ対策の薬品などを散布してもらいます。

 

DSC8974

ボロボロだった新浴室となる部分の軒先を更新。

この軒下は完成後、物干しスペースにも使えます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

製材所

|いきかえる宿|

DSC8940

現場監督とともに南陽市は宇佐美製材所さんまで。

カウンターなどの天板でつかう材料の確認に行ってきました。

元々は旅館のご主人が先代からストックしていた古い材木たち。

写真に写っていないものも含めてすべてケヤキの良材です。

 

DSC8944

宇佐美さんのところには、天然乾燥した地場産の杉丸太がゴロゴロ。

 

DSC8948

とても色目のきれいな杉板材。

ちょっと現場で使えないか検討してみます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

屋根下地

|北のちいさないえ(住宅新築)|

DSC8875

北町の現場も無事上棟し、屋根の下地が張られていきます。

延べ床で18坪ほどのちいさな家なので、どんどん作業が進みます。

 

DSC8889

DSC8901

住宅街にちょうどよいスケール感で立ち上がりました。

雪景色のなかに木の建物は映えますね。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

清々しき空気のなかで

|櫻の園(住宅新築)|

DSC8913

既存建物がすっかり解体されて無くなった敷地で、あらためて建設工事の安全を

祈願する地鎮祭をおこないました。

施工を担当するのは、祥建設(山形市)さん。

 

DSC8914

午前中の冷たい空気のなかでの地鎮祭となりましたが、雪に降られることもなく、

清々しくあらためて襟を正されるようなシャンとした気持ちになりました。

雪の状況を見ながら、慎重に工事を進めていきます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

キャリア教育

DSC8847

毎年呼んでいただいている、山形大学の「キャリア教育」という授業。

生活環境・食環境・情報学を学ぶ地域教育文化学部の2年生に、各業界にかかわるさまざまな

職業の人が、週替わりでそれぞれの職業について話します。

 

およそ60人の学生さんに「建築士の役割」をテーマに話をさせていただきました。

建築設計の道にすすんだ経緯、設計の仕事の流れ、地方で働くということ、

地域における活動、これまでの仕事と今すすんでいる仕事、…

 

学生たちが書いた振り返りシートを見ると、興味をもつポイントが非常に多様で面白い。

分野外の学生にとっては「建築士」という職業に少しでも親近感をもってもらえれば

それだけで十分うれしく、同じ建築を学ぶ学生にとっては「地方でやっていく」という

可能性の一つとして少しでも足しにしてもらえればと思っています。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

木造建て方

|北のちいさないえ(住宅新築)|

DSC8834

連日の雪がウソのような青空に、木材を吊るクレーンが立ち上がります。

今日一日で一気に木造の躯体を組んでいきます。

 

DSC8822

DSC8814

大工さん達の祈りが通じたような、奇跡的な晴天です。

建て主さんも、今日はお休みをいただいてまで現場を一日見守ります。

 

DSC8826

施工を担当するのは、加藤建築(山形市)の若い職人さんたち。

作業もスムーズに進み、あっという間に建物の形が見えてきました。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

寒波ふたたび

DSC8811

先週の寒波につづき、またも週末にかけて天気が荒れています。

山間部の雪景色を見るのは好きですが、吹雪は物寂しい気分になります。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

鉄の手すり

|アトリエるりち舎|

DSC8779

鉄造形作家の那須さんにお願いしていたアイアンの手すりが、ようやく形になったので

仕上げの前に一度現場で仮組み。

那須さんは工房で階段を原寸で再現しながらつくったということで、ほぼ狂いもなく

ピッタリと納まりました。

 

DSC8790

この躍動感はさすがの一言。

あとは溶接部を研磨して塗装するばかり。

出来上がりが楽しみです。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ゆきあかり

|月山山麓のワイナリーショップ|

DSC8762

現場で建て主さんを交え、施工者さんと打ち合わせ。

雪の反射もあってか、心なしか室内が明るい気がします。

 

DSC8761

吹き抜けにするために2階から部分的に外した床板。

汚れをきれいに落として、新設するカウンターの側板に再利用します。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所