井上貴詞建築設計事務所

井上貴詞建築設計事務所からのお知らせ

別天地

|いきかえる宿|

DSC0921

宿の前庭をつくっています。

以前は車の寄り付きとしてアスファルト舗装されていたところです。

 

ちいさな森に誘われて屋敷の中へ。

「市中の山居」をつくり出します。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

自然石敷き

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC0916

上山の現場、建物側はすでに改修工事が終わっていますが、残る外構工事が

敷地内ですすめられています。

庭のアプローチには、一つ一つ形の異なる自然石が職人さんの手により

敷き詰められていき、道が作られます。

 

既存樹の桜やイチョウ、モミジなどは残しながら、南側に大きく存在していた柿の木は

撤去。奥には自家の畑スペースがつくられます。

庭もだいぶ明るく良い感じになってきました。

「庭屋一如(庭と建物は一つのもののようにつくられなければならない)」という言葉を

なおさら感じさせられます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

梅雨入り

DSC0907

山形も梅雨入りです。

ギフト用のお菓子を買うため、ひさしぶりのkanmiへ。

蔵王の麓、しとしと降る雨もとてもおだやかです。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

敷地

|福ノ神の家|

DSC0889

住宅の打合せのため、1/100スケールでつくった敷地模型。

周りにアパートが多い地域なので、互いの視線の交錯をチェックしたり、隣家との

関係性を立体的に把握できるのでこういった模型があると何かと便利です。

 

白模型なので少しのっぺりとした感じに見えますが、雰囲気を出すためにもうすこし

道路や法面に色を入れていきたいと思います。

昨日の打合せはお施主さんの自宅アパートにて。現状の住まいの寸法も測らせてもらいながら、

新築によってどれほど生活空間のボリュームが変わるか、比較材料に使える図面をつくります。

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

3周年

Unicode

おかげさまで、事務所を開設してから丸3年が経ちました。

これもひとえに、信頼して仕事を依頼してくださる建て主のみなさんと、ものづくりに自負を持ち

難しい注文でも何とか形にしてくださる施工者のみなさん、そしていつも支えてくれる家族やスタッフ

のおかげです。本当に感謝しております。

 

事務所も4年目を迎え、さまざまな建築のご相談を受けております。ここ最近は、拠点を置く山形市に

おける新築住宅のご相談がつづいております。

ひきつづき、じっと地域に根を張りながら、こつこつと良い建築を生み出せていけたらと思います。

よろしくお願い致します。

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

 

 

リニューアルオープン記念

DSC0805

今春改装工事が完了した月山トラヤワイナリーさんから、リニューアルオープンを記念して

落語会を開催しますとのお誘いを受けて、先週末に西川町まで行ってきました。

 

江戸時代から残るといわれる蔵座敷での落語二人会。

今回招かれたのはワイナリーのご近所さんや工事関係者などが主でしたが、落語の後は

夜の工場見学をはさみ、同じ座敷蔵でトラヤさんのワインを存分にいただきながらの

懇親会で、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

 

地元に根ざし、地元に愛されるワイナリーとして、ますます大きくなっていくことを

願うばかりです。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

里山

|福ノ神の家|

DSC0800

住宅の敷地調査へ行ってきました。

敷地境界の内側も大事ですが、それ以上にその外側、周囲の高低差(地形)や隣家の立ち方、

周囲からの視線なども大きな視点でいえば一つの敷地ととらえて場の特性を読み込んでいきます。

 

里山の近い閑静な住宅街。敷地内から見える景色だけでなく、周囲からどう見られるか、

お互いに視線が交錯しないか、など一つ一つ検証していきます。

窓をたくさん設けても常にカーテン閉めっぱなしの暮らしはもったいないので、窓の位置や形状も

適材適所を心がけて計画していきます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

葺き替え

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC0794

上山の古民家リノベーションは、蔵部分の屋根葺き替えが終わって、いよいよ

最後の外構工事がはじまっています。

2階部分の屋根と下屋の屋根が一新されたことで見違えるように変わりました。

 

蔵座敷外観

これが以前の蔵の外観でした。ただでさえボロボロのトタン屋根を何度も前の住人の方が

自分で塗り替えを試みたことで経年劣化のひどい状況になっていました。

後の時代につくられた余分なものを減築し、屋根を葺き替えただけで全く違う建物に

見えます。

 

DSC0792

隣地越しに同じアングルでみた葺き替え後の様子。

外壁の漆喰や縁側部分のサッシは以前のままです。

2階の蔵戸を開いたことでもだいぶ印象は明るくなりました。

残る庭工事にも期待が高まります。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

 

初夏の撮影

|月山山麓のワイナリーショップ|

DSC0770

竣工写真撮影のため、西川町へ。

田植えが終わって初夏の空気になっていますが、月山はまだまだ冠雪しています。

田んぼに水が張られていると、絶えず風が吹き抜けていく気がします。

 

DSC0788

改装したショップ部分も、値札や小物が適度に入ってだいぶ落ち着いてきました。

リニューアル後の評判も気になるところですが、少しずつ定着していくことを

期待しています。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所