井上貴詞建築設計事務所

井上貴詞建築設計事務所からのお知らせ

電話の一時不通について

事務所の固定電話の移設のため、しばらくの間電話がつながらない状態です。

ご不便をおかけしますが、ご連絡いただく場合はメール(info@takashiinoue.com)にて

お願い致します。何卒よろしくお願い致します。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

風の通り道

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC1177

外構工事のつづく新丁の家に行ってきました。

ダイニングには、空間に合わせたオーダー家具が入っていて、とても落ち着いた居場所が

できていました。何より、連日の猛暑にかかわらず、古民家を通り抜ける風が涼しい。

 

さすがに座敷蔵の方は一度熱気が入ると出にくいということでしたが、旅館・母屋部分は

四方の開口部を開け放つと、風が流れ、扇風機すら要らないとのことでした。

 

DSC1183

庭の方もだいぶ形が見えてきました。

明るく健康的なランドスケープが生まれつつあります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

バード

DSC1161

明治の初めに日本を訪れた英国旅行作家イザベラ・バードが山形県入りしたのが、今から

約140年前の明治11年7月13日のこと。

その日は川西町小松に泊まり、翌14日に今の南陽市に入りました。

散居集落の風景の広がる米沢平野一帯について、「アジアのアルカディア(東洋の理想郷)」

と激賞したのは、この時のことです。

 

139年後の今日も、また夏の暑い一日となりました。

写真は、南陽市の十分一山からみた米沢平野の北部(赤湯温泉あたり)の眺望。

秋口にここから見られる雲海も、さらなる絶景のようです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ソトコトに掲載されました<まちの雑貨屋>

ソトコト

雑誌「ソトコト2017年8月号」(7月5日発売)に、事務所で手がけた「まちの雑貨屋」が

掲載されています。エリアリノベーション術という特集で、芸工大教授の馬場先生が

山形市のシネマ通り周辺のリノベーション事例を紹介しています。

 

事例では芸工大関連のプロジェクトが多いなかで、親子代々いまも七日町に暮らす

多田さん自らが立ち上がり、商店街主催のリノベーションセミナーに参加し、実際に

医院建物をリノベーションしてお店を開くまでに至った「旧多田医院物語」は、

とても貴重な存在といえます。

 

全国の書店、コンビニ等でお買い求めいただけます。

ぜひ、ご覧ください。

http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201708

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

笹堰クリーン作戦

DSC1111

昨日のホタル観賞ツアーは不発に終わってしまいましたが、私たちにできることは

すこしでも堰の水を綺麗にしておくこと、ということで、活動の有志を集めて

山形大学のキャンパスを取り囲んでいる笹堰の清掃活動をおこないました。

 

DSC1114

気温の予報は35度を超える猛暑日となりそうでしたが、朝だったのと水辺のため

意外と堰を歩いているとそこまで暑くはならなかったのが幸いです。

約一時間ほど皆で手分けしてゴミ拾いをして終了。

 

DSC1118

ゴミの量としてはさほどではなかったのですが、細々としたガラスの破片や缶のプルタブ

などがけっこう危険で、電池などの水銀含有ゴミもいくつかありました。

久しぶりの堰掃除で、気分も一新です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ホタルのヒカリ

DSC1109

山形市の街なかで唯一ホタルが見られるスポット、と云われていた山形大学小白川

キャンパス内を流れる笹堰。数年前には私もたしかに見に行ったことがあります。

 

今日、まちづくり活動の有志で見に行ったところ、ホタルスポットだった笹堰の脇の

鬱蒼とした緑に覆われていた土手が、すっかり除草され土がむき出しの状態に。

 

暗くなるまで見ていましたが、やはりホタルの居る気配はまったくなく、、

ホタルはその餌となるカワニナという貝がいるところでないと生息しないと聞いていますが、

ホタルの生息環境としてもう少し水辺の緑が必要ですね。

山形大学の方でも数年前までのように環境保全を再び提唱し、大学構内の環境維持に

取り組んでほしいところです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

worksを追加&更新しました

SC00574_S

今春完成した3つのプロジェクトについての写真を、worksに追加&更新しました。

2つの性質の異なる庭にはさまれた新築住宅「桜小路の家」と江戸時代の酒蔵で

使われてきた古民家改装の「月山山麓のワイナリーショップ」を新規に追加し、

これまで「神町のアトリエ」として模型写真で紹介していたものを「アトリエるりち舎」

に名を変え、写真を一新しました。

 

SC08826_S

スペースはいずれもさほど大きくないものの、建て主さんの思いやこれまでの時間の蓄積が

大いに詰まった3つのプロジェクトです。

詳しくは事務所ホームページのworksをぜひご覧ください。

http://takashiinoue.com/#works

 

SC2537

SC02468

SC02629

SC09186_S

SC08858_S

SC00766_S

SC00652_S

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

固い地盤

|福ノ神の家|

DSC0984

今日は朝から住宅敷地の地盤調査。

梅雨の時期ですが天気にも恵まれ、むしろ暑いくらい。

調査員の方の話だと思ったよりも固い地盤のようす。

解析結果が出てくるまでしばし待ちたいと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

無垢の板

|小姓町のスタジオ|

DSC0971

加藤建築さんの手により少しずつ進んでおります小姓町のスタジオ。

およそ20坪のスペースを緩やかな境界で仕切りながらそれぞれの場所をつくっていきます。

20センチ弱の段差一つでここまで見える景色が変わるかと一人実感しております。

 

DSC0970

加藤さんに用意してもらった飾り棚用の天板。

ケヤキの再利用材です。表面を削っただけですがもはや新品です。

カウンターに使うタモ材も国産とのこと。

ほんの少しですが無垢材が入るだけでも気持ちが変わりますね。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

食洗機の話

|福ノ神の家|

DSC1144

山形市内の住宅、基本設計がようやくまとまりそうです。

1/100スケールの模型も日々進化しています。

建て主さんとの話も、間取りなどの大きな話から、キッチンやバスルームの仕様をどうするか

といった細かい話にシフトしてきました。

お互いに納得しながら、一つ一つ進めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所