news

タイル オン タイル

|桐生新町の家(戸建てリノベーション)|

桐生の現場、外壁がおおよそ塗られ、家の佇まいが凜としてきました。
木製建具が新たなものに更新されるまであと少し。
決して面積的には大きな家ではありませんが、大きく張りだした軒で二棟が
つながったように見えるのと、平屋で水平方向に広がって見えるのもあって、
ゆったりした感じにも見えます。

タイル工事もすすみ、既存の浴室をベースにつくった新たな浴室は見違えるように
きれいな空間になりました。
浴室の内壁は白いボーダータイル、床はひやっとしないサーモタイルとしています。

現場は大工さん、左官屋さん、塗装屋さん、建具屋さんが入り乱れての作業。
お盆休みを挟んで、内部の仕上げ工事がさらにすすんでいきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

色をかえて

|北山形のスタジオ(改修)|

北山形の現場は、外壁の塗装中。
建て主さんセレクトのやや青みがかった色で塗られていきます。
大きな開口部にはガラスも取り付きました。

内部は天井の岩綿吸音板を塗装中。
天井形状は既存のものと変わっていませんが、色でだいぶ印象が変わります。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

real local山形に寄稿しました

新しい視点でローカルを発見し、紹介していくサイト「real local」の山形版に、
旧済生館本館の建築に関する紹介記事を書かせていただきました。

https://reallocal.jp/56903

「建築で巡るやまがた」シリーズとして、毎月1回のペースで山形市内の建築
について私なりの視点で、いろいろ紹介していく予定です。

山形の街や建物について新たな発見や気づきを得るきっかけの一つとして、、
ぜひご一読いただけると幸いです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

根切り

|桧町の家(住宅新築)|

猛暑の中スタートした、桧町の新築現場。
基礎工事のための掘り方がすすんでいます。

奥に見えるのは隣地のスーパーの壁。
周辺は低層の建物が多く、空が広い気がします。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

堰に開く

|北山形のスタジオ(改修)|

北山形の改修現場。
敷地の南側には山形五堰のひとつ「八ヶ郷堰」が流れていて、この貴重な資源を
活かして、スタジオ利用者さんのためのちょっとした休憩スペースもつくります。
緑陰と相まってとても涼しげな居場所が生まれつつあります。

2階のスタジオも少しずつ下地が整いつつあります。
正面の開口部はこれまで単板ガラスだったものをペアガラスに替えて、サッシ自体も
すこし大きくなります。印象的な外観となる予感。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]