news

オープンハウスの御礼(小白川の家)

昨日までの二日間、建て主さんのご厚意により、オープンハウスを開催させて
いただき、多くの方にご来場いただきました。
現在住宅相談中のお客様やクライアントの皆さんをはじめ、多くの建築関係者にも
見ていただき、貴重な意見・感想をさまざま頂くことができました。
ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございます。

小白川の家はまもなく建て主さんによる引っ越しを迎えますが、ダイニングテーブル
をはじめとする様々な家具の製作、デッキテラスの整備、庭の造園工事など、
今後もさまざま手が入りますが、それらがおおよそ整った段階で、あらためて
暮らしぶりを見ていただくオープンハウスを建て主さんと合同で開催する予定です。
そちらは来春ごろの予定でいますが、ぜひお楽しみに。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

real local山形に寄稿しました②

新しい視点でローカルを発見し、紹介していくサイト「real local」の山形版に、
山形県郷土館「文翔館」の建築に関する紹介記事を書かせていただきました。

https://reallocal.jp/58550

「建築で巡るやまがた」シリーズの第2回です。
今回の記事を書くにあたり、米沢出身の建築家・中條精一郎や旧県庁舎の現場を
任され夭折した建築家・田原新之助の人となりに触れることで、この百年建築の
偉大さをあらためて感じることになりました。

お時間あるときに、ぜひご一読ください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

 

プレゼン大会

9月に入って、新たなオープンデスク(インターン)の学生さん達が来てから
早くも二週間が経とうとしています。

みんな3年生ですが、せっかく新潟大、山形大、芸工大と異なる大学から来ているので、
8月の学生達と同じく、それぞれこれまで大学でやってきたことの中からいくつか
選んで発表してもらう機会をつくりました。

思った以上に各大学の個性が出たかたちになりましたが、学生たちはもちろん、
私たちも大いに刺激を受けさせてもらいました。

一人は今週で終了、残り二人も来週で終了となるので寂しくなりそうです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

オープンハウス予約状況(小白川の家)

今週末に開催予定の「小白川の家(戸建てリノベーション)オープンハウス」は
予約制となっていますが現在までの申込み状況として、

9月15日(土) 空きなし
9月16日(日) 13時、14時、15時 予約可能

となっております。日曜の午後はまだ余裕があるので、ご興味ある方はお気軽に
お申し込みください。

詳細はこちら

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

検査

|北山形のスタジオ(改修)|

無事施主検査と事務所検査が終わりました。
手直し工事のあと、今週中に引き渡しの予定です。
施設の再オープン等詳細が決まり次第、またお知らせします。

最も印象的な北側の外観。
見方によっては巨大な土塗り壁も外から見られます。
新築のようにも見えますがあくまで改修です。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

桟敷のような

|桐生新町の家(戸建てリノベーション)|

桐生の現場は、母屋と離れをつなぐデッキテラスを施工中。
元々の建物の床高が高いため、地面から1メートルほど上がった位置に設けています。
木製建具とも色がバッチリ合っています。

母屋の中から見たデッキ。材料はリブ加工されたスギ材です。
以前もタイル床のテラスがありましたが、比べものにならないほど広く感じます。
素足のまま離れまで行けるようになりました。
外の板塀も付き始めています。ウッドロングエコを塗るとさらに落ち着いて
見えてくるかと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

照明と自然光

[ 北山形のスタジオ(改修) ]

北山形の現場は、おおよそ完成間際。建具の調整や造作家具の取り付けなどが
おこなわれています。
2階へ上がるメイン階段は、壁の上下に間接照明が仕込まれています。
両方点灯するとけっこう明るく感じます。

2階スタジオ部分。床は既存の木製パーケットフローリングを一部補修した上
ワックスがけ。壁はクロスの張り替え、天井は既存の岩綿吸音板に塗装。

新たに設けた大きなL型の一面鏡があることで、今までよりもぐっと広く感じます。
照明を付けなくても北側の大開口からの採光で明るいです。
来週には施主検査・設計事務所検査ののち引き渡しとなります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>オープンハウスを開催します(小白川の家)

山形市内にて改修工事をすすめていた「小白川の家(戸建てリノベ)」の完成に合わせ、
建て主さんのご厚意により完成内覧会を開催することになりました。

敷地は街なかの閑静な住宅地の路地奥にあり、隣接した大学キャンパスによって
東南方向が大きく開けた場所です。建物は築60年ほどの木造2階建てで延床面積
25坪ほどのコンパクトな住まい。
時間指定の事前申し込み制となるので、住宅改修に興味のある方、建築の好きな方など
お早めにお申し込みください。


<改修前のようす>

| 小白川の家(戸建てリノベーション)オープンハウス|

日時:2018年9月15日(土)、16日(日) 10時~17時
場所:山形県山形市小白川(詳しい場所は申込時にご案内します)
※駐車場はないため、近隣のコインパーキング等をご利用ください
申込方法:メールにて、住所、氏名、参加人数、希望日時、連絡先を明記の上、
info@takashiinoue.comまでお申し込みください
申込期限:当日まで可(空いている時間があれば当日でも受付可能)

備考:・見学時間は一組およそ30分~1時間ほどを予定(予約状況により変動あり)
・見学時には備え付けの手袋やスリッパを着用していただきます
・敷地内での飲食、喫煙、トイレ等の使用は不可とします
・参加者への営業等は一切ありませんのでお気軽にお越しください

主催:井上貴詞建築設計事務所

お問い合わせ:井上貴詞建築設計事務所
山形県山形市緑町4-3-5-2F(オフィス)
山形県山形市小姓町1-37-2F(スタジオ)
tel&fax 023-665-4865
http://takashiinoue.com/

info@takashiinoue.com

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

第2回リノベーションスクール@山形が開催されます

4年前に開催され、私もサブユニットマスターとしてかかわった第1回
リノベーションスクール@山形。

同じくサブユニットマスターだった当時千歳不動産の佐藤英人くんがこれをきっかけに
「BOTAcoffee」を開店したり、芸工大の先生方やアカオニさんが中心になって
「とんがりビル」を誕生させたりと、リノベーションまちづくりがその後もさまざま
展開しています。

その第2回となるリノベーションスクールが来月5~7日の3日間開催されるようで、
その参加者を募集しているとのこと。
私は今回特にかかわっていませんが、「シネマ通り」が舞台になるとのこと、
リノベーションやまちづくりに興味のある人はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

第2回リノベーションスクール@山形

■スクールマスター
馬場 正尊(株式会社オープン・エー 代表/東北芸術工科大学 教授)

■ユニットマスター
明石 卓巳(株式会社レイデックス 代表取締役/クリエイティブディレクター/ファジアーノ岡山
ビジュアルディレクター/岡山デザイン推進会議副代表)

三浦 丈典(スターパイロッツ 代表)

大木 貴之(LOCALSTANDARD株式会社 代表取締役/一般社団法人ワインツーリズム 代表理事)

■ライブアクター
佐藤 英人(合同会社ボタ 代表)

開催概要
日 時:2018年10月5日(金)・6日(土)・7日(日)の3日間
会 場:調整中
受講料:一般15,000円(副教材等) 学生5,000円(副教材等)
主催:山形リノベーションまちづくり推進協議会/山形市
企画:株式会社リノベリング
運営:山形リノベーションまちづくり推進協議会/株式会社リノベリング
協力:東北芸術工科大学

リノベーションスクールは、リノベーションのプロフェッショナルを育てる2泊3日のスクールです。
3日間で、実際の遊休不動産を対象に、企画の立て方、デザインのアイデア、プレゼンの仕方、事業
収支など、リノベーションに必要な知識を横断的に学び、エリアを含めた再生プログラムを作成。
最終日には、不動産オーナーや行政に向けてプレゼンテーションを行う、極めて実践的なスクールです。

《主な内容》
・3日間のユニットワークにて、遊休不動産を活用したリノベーション事業計画を企画
・ライブアクト(レクチャー)の受講
・最終日に公開プレゼンテーションにて、不動産オーナーに事業提案

受講申し込み
募集締切:平成30年9月10日23:59
募集定員:24名
結果発表:お申し込みいただいた方全員にメールにて結果をご連絡します。

問合せ・申込みは
https://re-re-re-renovation.jp/schools/第2回リノベーションスクール%EF%BC%A0山形-2

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]