news

地鎮祭

|桧町の家(住宅新築)|

更地になった敷地にて、無事地鎮祭が執り行われました。
建て主さんご家族、施工を担当する各業種の方にもご出席いただき、これから
秋にかけての工事の安全をお祈りさせていただきました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ましこ

群馬からの帰り道、栃木の益子へ寄ってきました。
初めて訪れた「益子参考館」。
近現代の日本を代表する陶芸家・濱田庄司が自ら参考にした古今東西の品々を
広く一般の人々にも参考にしてほしいと開設した美術館は、実際に彼が生活の場・
製作の場として使っていた敷地建物が開放・活用されていて、とても愛に溢れた
場所でした。

この大きな古民家も彼のお気に入りの蒐集品のひとつ。
移築した際に自身で一部改装もしているということで、単なる古民家とは違った
モダンさも感じられる不思議な魅力の建物です。
喫茶スペースも併設されていて、猛暑の観覧にはとても有り難い場所。

工房の窓の先には、緩くカーブした緑のアプローチ。
外の暑さを忘れてしまいそうな景色です。

益子を発つ前に、2年前にできた「道の駅ましこ」へ。
昨年度のJIA日本建築大賞を受賞した建物。設計はマウントフジアーキテクツスタジオ。

シンプルな山の形をした地場産材活用の木造架構の重なりが、おおらかで多様な
内部空間を生み出していました。
南北に大きなガラスの妻面を見せているので、北側の緑地に開けた方はとても
気持ちがよいのに対し、駐車場に開けた南側は軒こそ出てはいるもののほとんどの
ガラス面が遮光スクリーンで覆われる形となり、とても考えさせられました。

連日の暑さと日射しが余計にそう感じさせたのかもしれません。
この日は祝日ということもあってか多くの人で産直もレストランも賑わっていました。
別の季節にもまた行ってみたいところです。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

巣のような場所

|桐生新町の家(戸建てリノベーション)|

全国的な酷暑がつづく日本各地。
群馬も例外ではなく暑いですが、桐生市の現場は左官工事や塗装工事が進んでいます。
建て主さんを交え、現場の状況を一つ一つ確認しながら、気になるところをチェック。

日曜でしたが左官屋さんにも来てもらって、プラスター塗りの仕上げの色合いを
建て主さんに見ていただき決定。写真は下塗りの状態ですが、うっすら淡い白~
グレーに仕上がる予定です。

これに建具が入り、塗装が入って、床の無垢のスギ板が見えるようになると
一気に空間が引き締まって見えると思います。

家は、その家族の暮らしのうつわであり、人を育てる巣のようなもの。
鳥がひとつひとつ小さな材料を運びながら大きな巣をつくるように、じっくり
コツコツと良い空間をつくりあげていけたらと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

やまがたの堰は涼し

毎年打ち水イベントを実施している「まちコンやまがた実行委員会」のメンバーで、
今年も堰掃除を行いました。場所は山形大学小白川キャンパスを取り囲む山形五堰の
一つ「笹堰」の水路です。

朝一にもかかわらず日差しが強すぎるほどで、熱中症にならないように小一時間ほど
で終了となりました。いつもながら多いのはタバコの吸い殻、お菓子のビニール包み
あたりでしたが、心なしかゴミの量も少なくなった気も、、?

今年も7月25日に「大打ち水YAMAGATA2018」を開催する予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

真夏の杉の下

久しぶりに「杉の下意匠室」へお邪魔してきました。
真夏の高沢地区は緑が深くなっていましたが、市街地よりも4~5℃は気温が
低いんじゃないかと思うほど程よい気候で、まさに避暑地です。

柿渋を塗った構造用合板の内壁は、昨秋の完成時よりだいぶ赤みを増したようすで、
外の緑とのコントラストが際立っていました。

相変わらず、ここからの夕景は素敵です。
下の畑では、杉の下意匠室自ら、紅花を育てていました。
最近次々と面白い仕事を手がけている彼ら
げそ天むす食べたくなってきました。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

LGS

|北山形のスタジオ(改修)|

北山形の現場は、建て主さんを交えて墨出しをしています。
最近木造の案件が多いだけに、鉄骨造の現場はむしろ新鮮です。
(去年も鉄骨の現場はありましたが)

ここは1階からの導入部分(エントランス)。
これから軽鉄工事がすすんでいきます。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

Replan Webマガジンに掲載されました

先日発売された「東北のデザイン住宅2018」のインタビュー記事が、リプランの
Webマガジンでも公開されました。

 

「地域の気候や風土に根差した、今この時代だからこそできるデザインを
~井上 貴詞さん」

 

雑誌の方は、このインタビュー記事にさらに写真が追加されているとともに、
これまでの住宅事例(新築・改修)がいくつか写真で紹介されています。

雑誌版も、Web版もぜひご覧いただけると幸いです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

屋根の色

|小白川の家(戸建てリノベーション)|

小白川の現場外観。この現場の施工を担当しているのは、企業組合TORUSさん。
改修前は明るめのブルーの屋根でしたが、2階は葺き替え、1階は塗り直しで
シルバーグレイの色に変わり、印象ががらりと変わりました。

昔付いていたアルミサッシはすべて取り外し、樹脂サッシへ入れ替え。
サッシ交換に伴い生じた開口や隙間は、左官屋さんがきれいにモルタルを塗った
あと既存の外壁色に合わせ再塗装。補修部がさほど目立っていません。

内部は大工工事が終盤を迎えています。
ここはダイニングになりますが、壁・天井ともに漆喰塗りの予定。
間もなく左官工事がはじまります。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

real localに掲載されました(まちの雑貨屋)

新しい視点でローカルを発見し、紹介していくサイト「real local」の山形編で、
一昨年オープンした「まちの雑貨屋」の紹介記事が掲載されています。

https://reallocal.jp/55312

 

まちの暮らしをずっと支えてきた多田医院が、どのような経緯でリノベーションされ
「まちの雑貨屋」としてオープンするに至ったか、その物語を丁寧に引き出している
内容となっています。ぜひご覧ください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

既存解体

|桧町の家(住宅新築)|

桧町の新築現場は、今週から既存建物の解体がはじまっています。
南北にそれぞれ隣家が建つ敷地。
わずかに残る庭木や石類を移動しながらの作業となります。
梅雨とは思えない暑さ、、水分をこまめにとりながら。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]