井上貴詞建築設計事務所

交錯

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC8643

新丁の古民家リノベの現場は、昨年からひきつづき躯体の補強をおこなっています。

腐食した部分の柱を入れ替え、筋交いを入れ、土台を取り付け、湿気対策をとって

いきます。

 

DSC8691

既存の土塗り壁の下地(木舞壁)が露わになっています。

これは残せるかどうか‥

新旧の部材が交錯しています。

 

DSC8649

外は雪がちらついていますが、ひたすら屋内の作業がつづきます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所