井上貴詞建築設計事務所

クリの床板

|櫻の園|

DSC9479

建て主さんがストックしていた栗の古材(床板)の使い方を検討中。

なるべく平らに削ろうとすると、左のようにキレイな表面を見せられますが、

板の厚みがかなり薄くなってしまいます。

 

既製品の無垢フローリング(新品)だと右の最上段のようなものが普通ですが、

幅もそれほどとれず、継ぎ目も見えるのが難点。

 

なるべく板の厚みを薄くしない程度に抑え、使える限り古材を使いたいと思います。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所