井上貴詞建築設計事務所

葺き替え

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC0794

上山の古民家リノベーションは、蔵部分の屋根葺き替えが終わって、いよいよ

最後の外構工事がはじまっています。

2階部分の屋根と下屋の屋根が一新されたことで見違えるように変わりました。

 

蔵座敷外観

これが以前の蔵の外観でした。ただでさえボロボロのトタン屋根を何度も前の住人の方が

自分で塗り替えを試みたことで経年劣化のひどい状況になっていました。

後の時代につくられた余分なものを減築し、屋根を葺き替えただけで全く違う建物に

見えます。

 

DSC0792

隣地越しに同じアングルでみた葺き替え後の様子。

外壁の漆喰や縁側部分のサッシは以前のままです。

2階の蔵戸を開いたことでもだいぶ印象は明るくなりました。

残る庭工事にも期待が高まります。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

 

井上貴詞建築設計事務所