井上貴詞建築設計事務所

自然石敷き

|新丁の家(湯守の旅籠リノベーション)|

DSC0916

上山の現場、建物側はすでに改修工事が終わっていますが、残る外構工事が

敷地内ですすめられています。

庭のアプローチには、一つ一つ形の異なる自然石が職人さんの手により

敷き詰められていき、道が作られます。

 

既存樹の桜やイチョウ、モミジなどは残しながら、南側に大きく存在していた柿の木は

撤去。奥には自家の畑スペースがつくられます。

庭もだいぶ明るく良い感じになってきました。

「庭屋一如(庭と建物は一つのもののようにつくられなければならない)」という言葉を

なおさら感じさせられます。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所