井上貴詞建築設計事務所

古材を敷く

[ 下反田のガレージ ]

DSC0055

懸案だった床の仕上げもいよいよ決まって、床の張り方の準備。

古材の栗の床材を使うことになりました。

 

DSC0045

建て主夫妻が庄内の銘木屋さんから入手してきた、立派な栗材です。

元々はどこぞの古いお蔵で使われていた床材ということですが、おそらく解体の際に

材料だけ残されたものかと。

少しカンナをかければ十分使えるもので、厚みもたっぷり。

 

DSC0058

試しに床に並べて張り方を検討しているところ。

このムラがかえって表情になって良い感じです。無垢材の醍醐味。

一面に敷かれるのが今から楽しみです。

 

 

[ 山形県|山形市|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

井上貴詞建築設計事務所