news

山形大学建築設計展「くてん、」

来週20日(水)より、山形市のとんがりビル1階で、山形大学の建築学生による
展示会が開かれます。

今年で9年目を迎え、街なかのさまざまな場所を借りて毎回展示を行っていますが、
昨年から2~4年生の合同展となり年々展示のボリューム感が増しています。

私が非常勤で教えに行っている3年生が中心となり展示会が運営されますが、
期間中、学生たちが日替わりで会場に常駐し解説もしてくれます。

ぜひお立ち寄りいただき、山大生の熱量を感じていただけたら幸いです。

 

第9回山形大学建築設計展「くてん、」

日時:2019年2月20日(水)~26日(火)
11:00~18:00(最終日のみ~16:00)
場所:とんがりビル1階
(山形市七日町2-7-23)
※入場無料

主催:山形大学地域教育文化学部生活環境科学コース3年生

https://www.facebook.com/yamadai.archi2019/

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

麻のじゅうたん

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の家では、2階のちょっとしたスペースの床を麻緞通敷きにする予定で、
建て主さんたちと一緒に中山町の穂積繊維工業さんにお邪魔してきました。
穂積さんに工場も案内していただき、実際のモノを間近で見せてもらいました。

材料と色とその組み合わせを、いろいろ試し中。
麻だけでなくウールの配合や占める割合によってもだいぶ印象が変わります。
麻緞通は夏はさらっと、冬でも湿気を含みづらくひんやりしないので良いです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

軒の下から

|沼木の家(住宅新築)|

少しだけ春を感じるような日射しの日が増えてきたように思います。
沼木の現場は、天気がよいと2階からブナの木越しに瀧山が見えます。
瀧山の横にちらっと見えるのは蔵王の熊野岳かな?
山が見えると安心するのは、山形盆地で生まれ育った者の性分でしょうか、、

建物正面に下屋が付きました。
木部の塗装色は、サッシの色に合わせて。
こんな青空がつづくと作業も余計に捗りそうな気がします。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

nice thingsに掲載されました(杉の下意匠室)

雑誌「nice things 2019年3月号」(2019年1月23日発売)に、「杉の下意匠室」
が掲載されています。

「暮らしのデザイン live in style」という特集テーマのもと、大きなスギの木の下で
小さなデザイン事務所をひらく「杉の下意匠室」さんが、リノベーションした事務所
や彼らの仕事ぶりとともに6ページにわたって紹介されています。

山形からは他に、小国町のkegoyaさんが取り上げられていて、全国各地のそれぞれの
土地で自らの暮らしを切り拓く13組のストーリーを読んでいると、自分はどう暮らしを
選択していくのかつい考えたくなるような内容になっています。

全国の書店、ネット等でお買い求めいただけます。ぜひご覧ください。

https://nicethings.jp/backnumber-2019-03.html

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ボード貼り

|沼木の家(住宅新築)|

沼木の現場は、外壁まわりのサッシが一通り取り付き、おおよその顔が見えてきました。
外壁は塗り壁になる予定。
二本のブナが建物にしっかり寄り添っているようです。

内部は下地のせっこうボードが貼られていきます。
室内にも二本の木がしっかりとそびえ立っています。

2階の広間部分。
天井は一番低いところで2.1mもありませんが、屋根形状がそのまま表れた天井によって
だいぶ広く感じられます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]