news

春休みのインターン・オープンデスクの受入について

井上貴詞建築設計事務所では、建築を学ぶ学生のインターン・オープンデスクを
随時受け入れています。この春休み(2月~4月)もぜひお申し込みください。

私たちは、建築設計を通して地域のヒトと人をつなぎ、モノづくりのプロセスを
大事にするコトで、これからの新しい暮らしの価値を生みだしていきたいと考えています。

住宅、ホテル、オフィス等の新築・リノベーションのほか、地域づくりの活動なども
継続的におこなっています。私たちと一緒に建築設計にかかわりたい、設計事務所の
仕事を体験してみたいという学生さんからの応募をお待ちしています。

□インターン・オープンデスクについて
内容:現場見学、模型等の製作補助など
期間:1週間~1ヶ月程度(応相談)
時間帯:平日9:30~17:30(応相談)
備考:参加期間前に県外との往来を予定している方は事前にご相談ください

申込み・問合せ先
info@takashiinoue.com
株式会社井上貴詞建築設計事務所 担当:井上貴詞
山形県山形市小姓町1-37-2F
tel&fax 023-665-4865

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

定例

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

昨年から続く白鷹の現場。年明け初の定例会議で現場の進捗も確認してきました。
離れ蔵の客室棟は、下屋部分もだいぶ仕上がっています。

吹抜蔵の客室棟は、壁の塗装もおわり、浴室のタイル下地モルタルを施工中。

板蔵の客室棟は、木工事が進行中。
床材は元々敷いてあったクリ材を一旦剥がして断熱材を入れてから戻しています。

母屋前には左官屋さんが仮設で作業小屋をつくっていました。
モルタルを練っているところです。

屋外は除雪をしながら。造園屋さんがメインアプローチの砂利を敷いています。
両側の石は元々ここに敷かれていたものですが、落ち葉等が堆積してほぼ見えなく
なっていました。地元の中川石か高畠石のように見えます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

worksを追加しました(松尾川の家)

事務所ウェブサイトのworksに、昨年末完成した住宅リノベーション「松尾川の家」を
追加しました。周囲を山河に囲まれたロケーションで、この大雪で真っ白に包まれた
景色は貴重だったため、引っ越し直前のタイミングで撮影させていただきました。

敷地は、国の重文に指定されている観音堂へ至る参道のすぐ近くにあります。
松尾川の流れに沿うように建つ平屋の住宅を全面改修しました。改修にあたって、
建物主要部は充填断熱+付加断熱を施し、省エネ性能を大幅に向上させています。

建て主さんの意向で既存の薪ストーブを再利用していますが、既存のエアコン一台だけ
でも十分暖かくなることはオープンハウス時に体感済です。

施工:株式会社加藤建築

詳しくは、事務所ウェブサイトworksをご覧ください。

松尾川の家 | 井上貴詞建築設計事務所 (takashiinoue.com)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

根幹を成す

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって実りある一年となりますよう祈念しております。
事務所は今日からゆっくりと始動しております。

昨年は株式会社化し新たなスタートを切った始まりの年となりましたが、同時に
世の中は「ニューノーマル(新常態)」に急転換を迫られた年となりました。
今年はより一層求められるだろうチャレンジに応えつつ、まだ見ぬ素晴らしい可能性や
出会いを楽しみながら、一つ一つの仕事に「ひたすら・ひとすじ・ひたむきに」*、
取り組んでいきたいと思います。

自分たちの仕事が、地域に根を張り、立派な幹となってすくすくと生長していくような、
そんな年にしていきたいです。
今年も一年、どうぞよろしくお願い致します。

(*井上ひさしさんがかつて遺した一節)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

2020

ご実家が花木農家をされている建て主さんから、啓翁桜をいただきました。
箱を開けたときはほとんどつぼみでしたが、事務所の暖気に触れているうちに
いくつかの花びらが開き始めていました。

今年は「種子」の一年として、7月に事務所を法人化し新たなスタートを切りましたが、
一方で世界はコロナ禍を生き抜かなければならない新たな日常がはじまり、慣れ親しんだ
街なかでも、当たり前の存在だった百貨店や老舗店舗の閉店など、暗いニュースが
つづきました。

先の見えにくい時代ですが、だからこそ、地域のもつさまざまなポテンシャルを信じ、
ヒト・モノ・コトの価値を引き上げる建築をより一層つくっていきたいと思います。
初心を忘れず、これからの暮らしの新たな質や価値となるようなものづくりをしていく
所存です。

今年もまた、多くの素敵な出会いがあり、多くの建て主さん・作り手の皆さんとの
協働によって、その土地ならではの建築づくりに結実することができました。
ありがとうございます。

事務所の年末年始は、12月30日(水)~来年1月4日(月)までお休みさせていただきます。
しばし英気を養い、来年の設計活動に備えたいと思います。
皆様も、良い年をお迎えください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

聚楽

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

朝一の現場定例の後、いつものように皆で現場を回ります。
レストラン棟も少しずつ手が入っています。
外壁の補修にはじまり、下屋に設けるトイレの部分も始まっています。

四番目の客室棟も一階部分にいよいよ着手。
それぞれの建物の個性を活かしつつ、材料もなるべく再利用しながらつくっていきます。

各棟で浴室の仕上げ工事もはじまっています。
すべての客室がヒバ板を浴室の壁・天井に用いていて、浴槽はヒノキ製です。

フロント棟では、左官屋さんが既存の塗り壁の仕上げを除去し、あらためて下地処理
しているところです。濃い抹茶色の仕上げが施されていましたが、表面を剥くと、
中から黄土色の聚楽壁が姿を見せていました。

どの時代、何の意図で緑色に塗られてしまったのかわかりませんが、今回どの色に合わせて
いくのか、慎重に考えていきたいところです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

オープンハウスの御礼(小白川の座敷蔵)

先週の「松尾川の家」につづき、「小白川の座敷蔵」でもオープンハウスを開催
しました。こちらは引き渡しと引っ越しが目前に迫っている中での開催だったので
一日限りの内覧会となりました。

内覧に了承いただいた建て主さんと、ご協力いただいた施工の市村工務店さんには
あらためて感謝申し上げます。

比較的坪数のある二世帯住宅の改修(しかも座敷蔵付き)だったので、断熱改修も
苦労しながらの施工となりましたが、既存の真壁造りを残しながらの改修としては
だいぶ暖かくなったのではないかと思います。

特に座敷蔵部分のない子世帯の方は、エアコン一台だけでもかなり暖かくなっていました。
今後設置予定のペレットストーブがなくても十分なほどの体感でした。

今回の改修では、外観や座敷蔵まわりはなるべく既存の意匠を踏襲したものとしており、
仕上げ材は変えているものの、デザイン的にはそのままでより良くアップグレードしています。

全容は、改修前の写真とともに、今後紹介していきたいと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

「建築知識 2021年1月号」に掲載されました(hana cafe)

建築雑誌「建築知識 2021年1月号」(2020年12月19日発売)に、「hana cafe」が
掲載されました。

「世界一やさしい カフェの作り方」という特集の中で、全国の居心地のよい小さなカフェの
設計事例として、東北では唯一取り上げていただいています。

小さなカフェといっても様々な業態があり、さらにはテイクアウトや通信販売など最近の販路
拡大方法、家具・食器・照明・音響・植物の取り入れ方など老若男女に親しまれるカフェの
ノウハウについて、空間づくりのポイントとカフェ開業の基礎知識が詰め込まれた内容になって
います。

将来カフェを開業したいと思っている方、店舗設計を行なう建築のプロの両方にとって参考に
なる誌面構成となっています。

全国の書店のほか、ネットでもお買い求めいただけます。ぜひご覧ください。
X-Knowledge | 建築知識21/01 世界一やさしいカフェの作り方

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

「Discover Japan」「CREA Traveller」に紹介されています

雑誌「Discover Japan 2021年1月号」(2020年12月4日発売)に、「山形座 瀧波」が
紹介されています。

今号は「温泉と酒。」という特集ですが、「クリエイターがとっておきの湯、教えます!」
の中で小山薫堂さんと小倉ヒラクさん(6人のクリエイターのうち2人も!)から、この冬
訪れたい温泉(宿)として、「山形座 瀧波」を取り上げていただいています。

雑誌「CREA Traveller 2021 winter」(2020年12月4日発売)に、「(仮称)NIPPONIA白鷹」
が紹介されています。

「HOTEL 進化する世界のホテル」という特集の中で、「気になるニューオープン」として
2021年春開業予定で現在改修工事中の「NIPPONIA 白鷹 旧奥山邸(仮)」を事例の一つと
して取り上げて頂いています。

ともに、全国の書店のほか、ネットでもお買い求めいただけます。ぜひご覧ください。

12/4発売 Discover Japan最新号「温泉と酒。」 | Discover Japan|ディスカバー・ジャパンー日本の魅力再発見ー (discoverjapan-web.com)

CREA Traveller 2021年冬号 進化する世界のホテル (bunshun.jp)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

水墨画

|松尾川の家(戸建てリノベ)|

松尾川の家も本日無事お引き渡しです。
山形にも一気に寒波が押し寄せてきて、あっという間に雪化粧です。
水墨画のようなこの景色を、薪ストーブの火とともに楽しめる家になればと
願うばかりです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]