news

<参加者募集>仕上げワークショップを開催します

白鷹町でリノベーション工事を進めていた「NIPPONIA 白鷹 源内邸」が、
今月29日(木)にいよいよグランドオープンすることとなりました。

ただあまりにも広大な敷地、築100年を超える古民家の再生のため、いくら手が
あっても足りない状況も抱えています。最後の仕上げに向け、一緒に”汗を流して
くださる方”を募集するようです。

「・プロジェクトのことを知りたい!
・メンバーと交流してみたい!
・古民家ならではの歴史を感じてみたい!
・源内邸の新たな幕開けをサポートしたい!
などなど、プロジェクトの趣旨に賛同し一緒に活動していただける方、
ぜひご参加お待ちしております!」

活動概要

<日時>
4月14日(水)10:00〜16:00 ※AMのみ、PMのみの参加もOKです。

<タイムテーブル>
10:00 集合&説明
12:00 昼食&休憩
13:00  活動開始 〜適宜休憩〜
15:30  終了・片付け
16:00  解散

<内容>
主に3つの活動があります
①歴史感じる桐箪笥をキレイに!
大切に保管されていた桐箪笥を各部屋に配置することになりました
桐箪笥をキレイに磨きます
②敷地内(庭)をキレイに!
前回活動いただいた時から見違える程きれいになった敷地内
新たな幕開けに向け、仕上げをしていきます!
力仕事になる可能性もありますので男性大歓迎です
③建物内をきれいに!
職人さんたちの手によって蘇り、
歴史を伝え、新たな歴史がつくられていくお部屋を、
お客様をお迎えできるよう最後の仕上げでキレイにします

<持ちもの>
●身に付けるもの
・軍手・飲み物・タオル・帽子・施設内に入る際のスリッパ
●活動の中で使うもの
・拭き掃除をする際の「タオル(古布)」ご持参いただけると助かります
・大きいスコップ、一輪車お持ちの方大歓迎!ぜひご協力ください
※昼食は主催者で用意します。

*ボランティア保険について
こちらで一括で加入いたします(みなさまのご負担はございません)

 

詳細・申込みはこちらから↓

4月14日(水)グランドオープンに向けた、”仕上げワークショップ”開催します!|NIPPONIA 白鷹 旧奥山邸プロジェクト|note

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

春うらら

週末、新たな住宅新築の地鎮祭が執り行われました。
朝からすこぶる快晴となり、これ以上ない地鎮祭日和でした。

里山に囲まれたのどかな住宅地なので、式の最中もそこかしこで小鳥の鳴き声が
響き、穏やかな春風が紅白幕を揺らしていました。

今回の施工者は、「艸の堂」以来一年ぶりの協働となる高木さん。
良い建築となるようじっくりディテールを詰めながら創っていければと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

hanaを待つ人

hana cafe前の坂巻川の桜並木は、山形市内でも早めに咲くことで知られています。
何本かはすでに満開近く、他は三分咲き~五分咲きといったところでしょうか。

桜を見に遊歩道を散歩する人、hana cafeに並ぶ人、天気も良くて束の間の休息を
それぞれが楽しんでいるようでした。

今年の冬は雪も多く、長かっただけに、春の訪れはなお一層有り難みが強く、
深い安堵感を得るものになっている気がします。
来週にかけて、市内全域の桜が満開になりそうな勢いです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<求人>設計スタッフを募集しています

井上貴詞建築設計事務所では、業務拡充に伴い、ともに設計・工事監理を行う
スタッフを募集しています。
お客様との打合せから設計・監理、完成・引渡しまで、設計の全工程にかかわる仕事です。
身近な地域をフィールドに、新築からリノベーション、まちづくりまで多様な活動に
取り組んでいます。私たちと一緒に地域の価値を高める仕事にかかわりたいという方の
ご応募をお待ちしています。

 [募集要項]

主な仕事内容 建築設計及び工事監理業務

雇用形態
①正社員
②契約社員(1年ごとの更新有)
時短勤務など勤務形態の相談に応じます。給与は勤務時間に応じて双方協議の上
支給額を決定します。
※①、②ともに4ヶ月の試用期間有

採用人数 ①、②いずれか1

採用時期 随時

勤務地 山形市小姓町(JR山形駅より徒歩10分)

求める人材
・建築が好きな方
・意欲のある方
・コミュニケーション能力のある方
・設計事務所での実務経験者優遇
・要普通運転免許
・35歳くらいまでの方(長期間のキャリア形成のため)

給与
月額160,000円~(経験・能力に応じて決定)

勤務時間 900 1800(昼休憩1時間)

休日・休暇
土日、祝日、GW、年末年始、夏季休暇、その他会社が定める日

待遇・福利厚生
社会保険完備(労災、健康、厚生年金、雇用)
通勤手当(上限あり)
車通勤可
資格手当(一級、二級建築士)
昇給・賞与(年一回)有

選考方法
一次 履歴書による書類選考
選考結果は文書にてお知らせ致します。
二次 面接

応募方法
下記住所に履歴書を送付してください。
990-0032 山形県山形市小姓町1-37-2F
 株式会社井上貴詞建築設計事務所

不明な点などありましたら、メールでお気軽にお問合せください
info(アットマーク)takashiinoue.com

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

取説

|(仮称)NIPPONIA白鷹 源内邸(古民家ホテル)|

各種検査も一段落し、館内では運営の準備が少しずつ進められています。
今日は支配人やシェフに向けて、施工者による取扱説明が朝から行なわれています。
ベッド類が入ると、一気にホテルらしくなりますね。

レストラン棟はテーブルやイス等がまだですが、様になってきました。
改修前の味噌蔵だった頃とは見違えるような面持ちです。

既存の門や塀周りも修復作業がピークを迎えています。
木材保護塗装を施し、笠木の板金をまわせばいよいよ完成です。

敷地内の塀も半分くらい完成。
塀で視線や周囲の景観をコントロールして、遠くの山の借景もよりクリアに
感じることができます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

workを追加しました(エンドー)

事務所ウェブサイトのworksに、昨年12月に完成した「エンドー」の店舗リニューアルを
追加しました。超・地域密着型スーパーのエンドーさん。地域のおばあちゃんたちが
連日訪れては買い物かごいっぱいに買っていったり、夕方ちっちゃい子供たちが昔の
駄菓子屋のように寄り集まっていたり、どこぞのオジサンが昼間から気持ちよさそうに
お酒をたしなんでいたりします。

そんなエンドーの緩さやらしさを失うことなく、地域に変わらず在り続ける場として、
外観や部屋の配置はあまり変えずに、フライヤーが不足していた厨房まわりを中心に
大胆にリニューアルをかけました。おそらく日本一のげそ天、この機会にぜひお店で
ご賞味いただきたいです。

施工:(株)加藤建築

詳しくは、事務所ウェブサイトworksをご覧ください。

エンドー | 井上貴詞建築設計事務所 (takashiinoue.com)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

検査つづき

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

建物のお引き渡しを前に、連日の検査がつづきます。
消防検査につづき、主事確認(用途変更なので完了時は工事完了届の提出だけですが
主事がぜひ見てみたいということで現場確認)、施工者の社内検査と施主検査に
設計事務所検査といった流れです。

各部屋、照明も入り家具はまだないもののとても良い雰囲気です。
beforeを知っている人はなおさら驚くハズ。
お披露目会が楽しみですね。

屋外では別途外構工事がはじまっています。
前面道路沿いにかつて建っていた板塀を復活させます。
残っていた基礎石(中川石?)や控えの金物を再利用しながら元の通りに
建て直しています。塀で囲われると一気に敷地内のプライバシー性が高まり、
宿としての格式や落ち着きを得られるはずです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ark

若手作家を発掘する企画展、手描きイラストによる好感の持てる常設展示の「方舟日記」、
東日本大震災の記録と展示、かつて日本建築学会賞を受賞した建物、いずれも一見以上の
価値ある力強いものでした。強行軍で行って良かった。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

春待ち

一週間の中で寒い日と温む日が代る代るやってきて、ちょっと体調を崩しやすい時期
ですが、やはり春の足音が少しずつですがこの雪国にも近づいてきているのを感じます。

たまに晴れた日の、残雪をかぶる山の景色が好きです。
これは白鷹町と長井市のちょうど間から見た西山(朝日山系)のようす。
いくつもの峰が折り重なる様子は、長井の黒獅子が地を這って近づいてくるようにも
見えます。手前に滔々と流れるのは最上川。雪解け水をたっぷり含ませながら
日本海に向けて流れていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

フレンチの舞台

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

レストラン棟の客席部分、少し床面を既存より上げて、モルタルを塗り直しています。
味噌蔵だった既存のコンクリート床はかなりボコボコだったので、既存のイメージを
大きく変えずに平滑な床にしていきます。

こちらは厨房から見た客席の様子。シェフの要望で、料理をつくりながらも
お客様の食事のペースを把握できるように細長いスリット窓を設けています。

奥に見える旧階段はなくなり、新しい階段につくり直されますが、客席への
視線の抜けはしっかりとれそうです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]