news

<参加者募集>YAMAMORI TRAVEL VOL.15 鳥海山(遊佐町)を開催します

1年ぶりのYAMAMORI TRAVELを開催します。
今回は鳥海山の麓で湧水で知られる遊佐町にて、吹浦地区を中心にここだけの
ツアーを組みました。

申込みは先着順となりますので、興味ある方はお早めにお申し込みください。
詳細は下記のとおりです。

|YAMAMORI TRAVEL VOL.15 鳥海山(遊佐町)|

YAMAMORI TRAVELは、県内の里山を舞台にその山の植生を学び、その土地
に関する木を使ったものづくりを体験するツアーです。今回の舞台は、遊佐町
の吹浦周辺。まずは地元の方から山や土地にまつわるお話をお聞きしたあと、
森林ガイドさんとともに鳥海山の麓・吹浦の散策を楽しみます。散策のあとは
地産料理によるランチタイム。午後は地元のクロマツを使った木工ワークショ
ップを行います。身近にある山や森との新しいかかわり方を一緒に楽しんでみ
ませんか?山歩きやものづくりに馴染みのない方、親子連れ、どなたでも参加
できるツアーです。

□集合:2019年10月20日(日) 9:30 吹浦まちづくりセンター駐車場
(山形県遊佐町吹浦字布倉10-1)

□解散:16:00同所予定

□参加料:6,000円(傷害保険費、ランチ代、体験教室参加費等)
※ ただし12歳以下は3,500円、3歳未満は無料

□持物・服装:飲み物(1ℓを目安に)、タオル、虫除け、その他各自必要なもの、
長袖長ズボン、帽子、履きなれた靴

□応募方法:タイトルを「YAMAMORI TRAVEL 15」とし、住所、氏名、年齢、
性別、電話番号をご記入のうえ、lcs_contact@yahoo.co.jpまでお申し込みください。
※携帯メールから申込みの方はセキュリティの設定にご注意ください
(こちらからの返信が届かない場合があります)

□申込期限:10月13日(日)

□募集人数:15名

※雨天決行です。荒天時のみ判断を当日7時頃連絡いたします。

□タイムテーブル
9:30 集合(吹浦まちづくりセンター駐車場)
10:00 吹浦地区で土地の話
10:30 鳥海山の麓の散策開始
12:30 ランチタイム
13:30 クロマツをつかった木工ワークショップ
16:00 解散
※当日の天候等により内容を変更する場合がございます。

主催:LCS(ルクス)
協力:遊佐町地域おこし協力隊(林晶・坂部春奈)/畠中裕之/ヘルスメイト/M木工/
古民家カフェわだや/吹浦まちづくりセンター/やまがた公益の森づくり支援センター
(順不同・敬称略)

フェイスブックイベントページはこちら↓
https://www.facebook.com/events/1438662979614576/

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<お知らせ>オープンハウスを開催します(上町の家)

山形市内にて新築工事をすすめていた「上町の家」の完成にあわせ、完成内覧会を開催します。
敷地は羽州街道裏手の住宅街にあり、既存の柿の木や畑が近接し、建物は木造2階建ての
35坪ほどで、付加断熱など省エネ性能を高めた住まいです。

時間指定の事前申込制となります。家づくりや建築に興味のある方(建築関係者・学生も可)は
お気軽にお申し込みください。

[上町の家 オープンハウス]
日時:2019年10月12日(土)、13日(日) 10時〜17時
場所:山形県山形市上町(詳しい場所は申込時にご案内します)
(駐車場は限りがあるためなるべく乗り合いでお越しください)
申込方法:メールにて、住所、氏名、参加人数、希望日時、連絡先を明記の上、
info@takashiinoue.comまでお申し込み下さい。
申込期限:当日まで可(空いている時間帯があれば受付可能)
備考:・見学時間は一組およそ30分〜1時間ほどを予定(同時間帯に複数組が重なる場合あり)
・見学時には備え付けの手袋やスリッパを着用していただきます
・敷地内での飲食、喫煙、トイレ等の使用は不可とします
・参加者への営業等はありませんので、お気軽にお越しください
主催・設計監理:井上貴詞建築設計事務所
施工:株式会社高木

[省エネ性能]
UA値=0.36W/㎡K
(Q値=1.25W/㎡K)
暖房負荷:30.3kWh/㎡
屋根断熱:高性能GW16K 240mm
外壁断熱:高性能GW24K 120mm(充填)+16K 50mm(付加)
基礎断熱:PSF50mm
開口部:樹脂サッシ

お問い合わせ:井上貴詞建築設計事務所
山形県山形市緑町4-3-5-2F(オフィス)
山形県山形市小姓町1-37-2F(スタジオ)
tel&fax 023-665-4865
http://takashiinoue.com/
info@takashiinoue.com

 

フェイスブックのイベントページはこちら↓
https://www.facebook.com/events/401363330574506/

秋の行楽シーズンでお出かけの多い時期かと思いますが、どなた様でも
お気軽にお越しください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

2019年度グッドデザイン賞を受賞しました

改修設計を手がけた元旅籠のリノベーション「湯守の旅籠」が、このたび
2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

http://www.g-mark.org/award/

 

湯守の旅籠は、JIA東北住宅大賞2018の大賞に続いての受賞となります。
グッドデザイン賞審査委員による評価コメントでは、長年の増改築による余計な部分を
減築、丁寧な修繕・更新などにより本来持っていたであろう堂々たる外観デザインを
再生させている点や、様々な人が協力して清掃・片付けや実測調査を行ない
リノベーションを良い意味でイベント化し、斜陽化しつつある街の活性化に寄与している
点が評価されました。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ピアノ

|上町の家(住宅新築)|

2階のリビングもだいぶ様になってきました。
南側は壁で囲まれた外部空間に向かって大きく開口部をとっています。

2階デッキテラスの高さから見える柿の木。
柿の実も色づいてきたようです。

1階子ども室の外にも柿の木が広がります。
1階の天井高はほとんど2200mmと低めに設定し落ち着いた空間としています。

1階主寝室の壁はややベージュがかった漆喰。
この窓の外には小さな中庭があり、一本の樹木が植えられます。
斜め天井の上は、2階へ上がる階段です。

ピアノは専門業者さんの手により、クレーンで搬入しました。
2階のメインフロアに置く予定です。

無事2階のデッキテラスに到着。
200kgを超えるピアノの重量を、たった二人で持ち上げ運ぶという作業。
本当にお疲れ様です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

秋晴れの地鎮祭

|草の堂(住宅新築)|

秋晴れの素晴らしい天気の中、新しい住宅の現場の地鎮祭が執り行われました。
朝早くからの式でしたが、建て主さんのお子さんも全員参加し、賑やかに無事
完成を祈っての乾杯となりました。

来月から基礎工事に入っていきます。
こちらの現場の様子も少しずつ紹介していければと思います。
完成は来年3月の予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

稲穂

山形市から西川町へ向かう道中。
田んぼはもうすっかり稲刈りの季節ですね。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

漆喰塗りはつづく

|上町の家(住宅新築)|

建て主さん自ら行なう漆喰塗りの作業がつづいています。
ようやく2階のリビング正面の壁に着手しております。
1階部分でだいぶマスターしてきたそうで、作業がどんどん進んでいきます。

2階のもう一面の壁も分担しての作業。
2階はほとんどが珪藻土クロスですが、アクセント壁として一部漆喰塗りにしています。
色はほぼ一緒なので写真では両者の見分けがつきづらいですが、かなりキレイに
塗られていきます。

1階の子ども室もご家族の力合わせて。
天井は珪藻土クロスですが、光が反射するので、照明なしでも明るく見えます。
壁の仕上げ作業が終わったら、設備機器の取り付けとなります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

OPEN ARCHITECTURE

JIA(日本建築家協会)東北支部+山形地域会が主催の作品見学会が酒田で行なわれました。
台風直撃で天気が心配でしたが、思ったほどひどくなく雨にも降られませんでした。
見学先は、昨年完成したばかりの市営の斎場。
設計は仙台の針生さんと地元の齋藤さん・小山さんの設計共同体。
酒田市美術館や土門拳記念館にもほど近い、庄内砂丘の防風林の中にありました。

杉の格子におおわれたアプローチ。
薄いグレーの色合いも美しく、とても軽やかな印象。

圧巻はやはり、松林まで視界が開かれた吹抜けの炉前ホール。
庄内の自然に見守られながら、最後のお見送りをする場として丁寧につくられています。

素材の使い方もいろいろ勉強になります。
館内各所で見られるこの菱形に貼られた壁紙は、西川町でつくられた月山和紙に
竹炭パウダーを加えて貼ったもの。
床の石張りや天然リノリウム、壁の左官仕上げ、杉の格子など、シンプルな形の中にも
素材感が出ていて土地柄も反映されています。

周辺の松林は、海からの強風の影響で全体が東側に傾いているのがわかります。
ここに来てあらためて、庄内の防風林の尊さと自然の驚異を建築を通して
認識することができました。

見学会の後、山形地域会の役員会が市美術館の喫茶室で行なわれ、それに出席して
一路山形に戻ってきました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

worksを追加しました(hana cafe)

今春完成した「hana cafe」について、worksに追加しました。

坂巻川沿いの桜並木の脇に立つ、とてもちいさなカフェです。
春には遊歩道と河川敷の上下二段の桜並木が、薄紅色の幻想的な風景をつくり出す
山形市の隠れた名所といえる場所です。

木造平屋の10席ほどのちいさな店内ですが、桜並木と瀧山の眺望を最大限に考慮した
配置平面になっているので、すべての客席から外を感じることができます。

窓際のカウンターやテーブルの天板は、すべて国産のサクラ材でつくっています。
天板の加工は土澤木工、脚の製作はカンノウェルディングが担当しています。

詳しくは、事務所ウェブサイトのworksをご覧ください。
https://takashiinoue.com/works/

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

漆喰DIY

|上町の家(住宅新築)|

足場がとれた上町の家の外観。
北側の前面道路に対しては開口部をなるべく控えめにしています。
これから敷地の北と東を囲むように板塀をまわす予定。

1階の内壁は一部を除いてほとんどを建て主さん自ら漆喰塗りをおこないます。
北側に面する洗面脱衣は、高窓と漆喰の白で日中は照明なしでも明るいです。

ご夫妻自ら、主寝室を塗っている最中。
こちらは少しベージュがかった色の漆喰を選んで全面的に塗っています。
子ども室はお子さん達と一緒に塗るとのこと。
WC→洗面脱衣→主寝室と、塗る面積も次第に大きくなっていますがどんどん
コツを掴んできているようです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]