news

観音扉

|小白川の蔵座敷(戸建てリノベ)|

小白川の現場。新たな間取りに合わせて、設備配管をやり直しています。
木造の躯体は基本的には元の状態をとどめていますが、部分的に入れ替えたりする
ところもあるので、大工さんとも相談しながら進めていきます。

元々建て替えた際に移築してきた蔵座敷の部分。古材が壁の中から顔を出しています。
下の合板で覆われたところは蔵戸前の観音扉が一時的に保護されたもの。
完成して再び陽の目があたるのをひたすら待っています。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

霧走る

|五祭所の家|

上棟から一週間、長井の現場はどんどん進んでおります。
足場に上ると、本体の屋根がキレイに葺かれていました。
奥に見えるのは、お隣(といっても数百メートル先)の屋敷林。

あっという間にすべての樹脂サッシが取り付き、外壁下地の構造用合板も張られたので、
自然採光の具合がよくわかるようになりました。
南側のハイサイドライトによって、雪国の冬でも明るく過ごせます。

山形への帰り道。西山から発生する水蒸気なのか、局地的な雨なのか、山沿いの
幻想的な景色に思わず車を止めてしまいました。

田んぼの稲もだいぶ黄色くなってきましたね。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]