news

2022

今年は昨冬からの大雪の名残か、コロナの波か、それとも資材高騰が続く建設業界の
見通しの悪さか、どことなく落ち着かない日々が続いていたように感じます。

事務所もおかげさまで、数多くのお仕事を頂いておりますが、一つ一つの土地や
建て主さんと向き合いながら、何とかそれぞれの場所や事情に応じた建築を
つくることで時間はあっという間に過ぎていきそうです。

近年は住宅案件のほかにも、写真スタジオやオーベルジュ、商業施設など、非住宅の
案件や公共のプロジェクトにも携わることになり、この1~2年は一歩一歩踏みしめて
小高い山に登っているような、有り難い経験を頂いております。

そんな今年の事務所を一緒に支えてくれたスタッフや温かい声を掛けてくださる
建て主の皆さま、そして現場で試行錯誤してくださった施工者の皆さまに
年の瀬にあらためて感謝の意を伝えたいです。今年もありがとうございました。

事務所は12/30(金)から来年1/4(水)まで、年末年始休暇をいただきます。
心身を整え、また来年も良いものづくりを提案していきます。
皆さま、今年も一年大変お世話になりました。
良い年をお迎えください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

身を清める

|赤湯のオーベルジュ|

旧大浴場だった時代の露天風呂。上屋を解体して多少スッキリしました。
周囲の建物の解体・減築はもう少しつづきます。

宿泊棟の内部解体もまだまだ続きますが、一部床下が綺麗に見えてきました。
昔の大型の設備機器も取り除き、身も心も軽くしていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

空を切り取る

|月日坊(志鎌康平写真スタジオ)|

写真スタジオの現場、回廊の外壁が張り上がりました。
節のない杉板張りで、想像以上にキレイな仕上がりとなりました。
腰壁の打ち放しコンクリートもとても綺麗ですが、半分くらいは土で埋まる予定です。

内側から見た回廊。目隠しの塀のような存在にもなって、空を大きく切り取ります。
円形劇場のようにもなり、列柱に囲まれたニワが求心性を持ち始めます。

スタジオ内部は、左官工事が進められています。
壁は下地のプラスター塗りの途中。
外を覆っている足場が外れると、上部の三角窓から周囲の山や空が望めるはずです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

雪洞

|座頭町通の家|

雪の米沢市内。急ピッチで外壁工事が進んでいます。
前面道路の間には、排雪溝となる用水路が流れていて、その蓋を開けてボンボン
雪を投げ入れていく様子は米沢ならではと思いました。

内部もだいぶ形が見えてきました。
前面道路に対してそこまで大きく開かず、代わりに内と外の緩衝帯となる半屋外テラスを
設けて、2階のリビングダイニングとつないでいます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

松の雪

|あさひの家|

山形市内で実施設計を進めている新築住宅の敷地の地盤調査に入ってもらいました。
少し雪が積もりましたが、何とか調査できそうです。

正面に千歳山を見据えるロケーション。
雪を被った松林がとても神秘的です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

巻き戻しと再生

|赤湯のオーベルジュ|

既存建物をスケルトンにする最中。
古民家のように在りし日のオリジナルに戻すわけでもなく、一度作り上げられたものを
一から巻き戻してつくり直していくということで、妙な高揚感があります。

現場を見ることで、新たなイメージも湧いてきます。
冬の寒さや音の問題のためにも、断熱改修もしっかり施していきたいと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

スタイロゴテ

|月日坊(志鎌康平写真スタジオ)|

各地で引っ張りだこの原田左官さんがいよいよ本格的に現場入りして、外壁塗りを
おこなってくれています。親方が仕上げ方をいろいろ試してくださって、表情の程度を
一緒に確認していきます。あえてムラのある感じがこの場所にも馴染みそうです。

回廊も柱が立って、湾曲した壁で覆われはじめ、スタジオとの対比がうまく
出てきました。ここに屋根が架かるとなお良さそうです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

アーキテクツウィーク2022で講演します

直前の連絡となってしまい恐縮ですが、来週12/16~18の3日間せんだいメディアテークで
開かれる「アーキテクツウィーク2022」の「東北の建築家」と称した講演会で、
私もスピーカーの一人として登壇します。

アーキテクツウィーク(AW)2022 | JIA 日本建築家協会 東北支部 (jia-tohoku.org)

その講演会の前には東京藝大准教授・中山英之さんの特別講演もあるようです。
東北の建築家の方は、青森の蟻塚さん、同じ山形の渋谷さんとご一緒です。
アーキテクツウィークはJIA宮城地域会主催の毎年恒例のイベントで、当日は同世代の
建築家が多数集まると思うので、大いに刺激を受けてきたいと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

公募型プロポーザルで特定されました

山形市の「図書館中央分館・中央公民館内装一部改修設計業務」の公募型プロポーザルで
受託候補者として私たちの事務所が特定されました。

まちなかの図書室と学習スペースのリニューアルがメインですが、中心街の七日町にあって
ビルの中層階にあることで瀧山や雁戸山への眺望が開かれ、静かで落ち着いた立地を
ポジティブに捉え、まちの居場所でありまちづくりの結び目になるような場所にしていけたらと
考えています。

図書館中央分館・中央公民館内装一部改修設計業務委託に係る公募型プロポーザルの審査結果について|山形市公式ホームページ (yamagata-yamagata.lg.jp)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

<求人>設計スタッフを募集します

井上貴詞建築設計事務所では、一緒に働く仲間を募集しています。

私たちは、ヒト・モノ・コトのポテンシャルを引き上げる建築をつくりたいと考えています。
人をつなぎ、地域や社会への理解を深め、その特性を見極めながら質の高いモノをつくりた
い。そうしたプロセスを経てつくられたモノこそが、人や地域・社会に寄り添った、本当に
必要とされるモノになると考えています。埋もれた価値を引き出し、より大きな価値へ。私
たちのモノづくりへの姿勢に共感し、一緒に考え活動していく仲間を募集します。

現在、東北・山形を中心に設計を行っていますが、開業から8年が経過し、様々な地域からの
ご依頼・お問合せも多くなっています。またその内容も、住宅・店舗・宿泊施設・公共施設・
まちづくりなど広がりをみせています。

私たちの事務所ではプロジェクトの大小に関わらず、面白いと思えるものに積極的に取り組ん
でいく気風があります。もちろん、新築・リノベーションにこだわりません。小規模な事務所
ですが、その分、プロジェクトの全ての行程に関わることができます。

建築が好きで、共に設計活動に取り組んでいただける方のご応募をお待ちしています。

 

[募集要項]

主な仕事内容 建築、インテリア、ランドスケープ、まちづくりに関する調査、企画、設計、監理

雇用形態 正社員(契約社員、時短勤務など、勤務形態の相談に応じます。)

採用人数 若干名

勤務地 山形市小姓町(JR山形駅より徒歩10分)

求める人材
・建築が好きな方
・明るく誠実な方
・チームワークを大切にする方
・仕事に対してポジティブで前向きな方
・好奇心をもって柔軟に取り組める方
・コミュニケーション能力のある方
・人と関わることが好きな方
※設計事務所での実務経験者優遇
※35歳くらいまでの方(長期間のキャリア形成のため)

給与 能力に応じて決定します。
・設計・監理業務経験3年以上 基本給200,000円程度~
・実務経験3年未満 基本給 160,000円程度~

勤務時間 9:00 ~ 18:00(昼休憩1時間)

休日・休暇
土日、祝日、GW、年末年始、夏季休暇(休日出勤の場合有)
その他会社が定める日

待遇・福利厚生
社会保険完備(労災、健康、厚生年金、雇用)
通勤手当(上限あり)
車通勤可
資格手当(一級、二級建築士)
昇給・賞与(年1回)有

応募資格
建築・美術系大学を卒業した方、またはそれと同等の能力・スキルのある方
CADを使える方
要普通自動車免許

選考方法
一次 履歴書・職務経歴書による書類選考(使用できるCADソフトを記載してください)
選考結果は文書にてお知らせいたします。
二次 面接・ポートフォリオによる選考

応募方法
下記住所に履歴書を送付してください。
〒990-0032 山形県山形市小姓町1-37-2階

不明な点などありましたら、メールにてお気軽にお問合せください。
info(アットマーク)takashiinoue.com

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]