news

倫理法人会モーニングセミナーで講師を務めます

今週の土曜日、山形市蔵王倫理法人会のモーニングセミナーに、講師として
登壇します。3年前にもお声がけいただき、そのときは山形座 瀧波や
NIPPONIA白鷹 源内邸など古民家リノベの話を中心にさせていただきました。

そして今回は、どちらかというとパーソナルな部分(なぜ建築の道に進んだか、
苦労や失敗談など)をお話しいただきたいとのリクエストだったので、
設計してきたものの話はひとまず置いておいて、これまでの人生の選択を
振り返る機会にしたいと思います。

大学のキャリア教育の授業やリアルローカルの取材などでは触れたことのある
テーマですが、独立して10年となる節目の年にあらためて自分のことを顧みたいと
思います。どのくらい人のためになる話か不安ですが、朝から頑張ってきます。

Facebook

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

下屋

|ピアノの蔵|

開かずの扉だった蔵戸を開放して、ピアノ教室の新たな玄関をつくります。
雨ざらしにならないように、下屋を増築しています。

蔵の2階の北側の窓は、後の時代にできた下屋の屋根裏に隠れてしまっていましたが、
下屋の天井を部分的に高くして、空気の循環が生まれるようにしました。

ピアノ教室の新たな待合となる下屋から見上げると、蔵の立派な棟木がちらっと見えます。

蔵の2階の床は、吹き抜けをつくるために半分以上外しています。
取り外した床板、何かに使えそうですね。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

雪のない冬

|桜神の家|

中桜田の現場、外壁の付加断熱後、防水シートが貼られたところです。
通気胴縁を入れて外壁の下地サイディングがこれから施工される予定です。

樹脂サッシも入り、内部も少しずつ木工事が進んでいます。
内部の充填断熱はこれからです。

雪が降らず現場的には有り難いですが、なんとなく物足りなさを感じる冬です。
写真だけ見ると11月のようにも思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

天井張り

|千歳山街道の家|

あこや町の現場、大工さんも増員されて、急ピッチで内部工事も進んでいます。
2階の天井も仕上げのラワンベニヤを張り始めています。

2階書斎は張り終わって、窓からの光が反射しています。
積み上がっているのは2階の床に使うマツフローリングです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

凍る朝

|馬街道の家|

月曜日の朝から、長井で地盤調査の立ち会い。
天気予報どおり、どんどん吹雪いてきました。が、時折晴れ間が見える瞬間も。

寒い時期は空気が澄んでいて、遠くの山の景色や、近くの水路の流音がよりクリアに
感じられるような気がします。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

躯体と窓

|桜神の家|

中桜田の現場、建て主さん立ち会いのもと、電気設備のスイッチやコンセントの位置
確認をおこないました。ご近所に住むご実家のお母様やお兄様にも現場を見学いただく
機会にもなりました。

壁の構造用合板が張られ、開口部の感じもわかるようになってきました。
これから断熱工事が進められていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

冬の村山

|楯岡東沢の家|

図渡しのため村山市へ。
この時期に村山でこれほど雪がないのもなかなかないと思います。

敷地の冬の状況も、これではあまり参考になりませんね、、
それでも冷え冷えとした冬山の様子は写真でも伝わります。

これから各種申請や工事見積りを進めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

飛龍乗雲

毎年恒例、新年のご祈祷に今年もスタッフ全員で行ってきました。
雪のほとんどない、青空の里之宮 湯殿山神社です。

心新たに、飛躍の年にしていきたいです。
皆さまにとっても、幸多き一年となることを願っております。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

広報やまがたに掲載されました

「広報やまがた 令和6年1月1日号」に、「図書館中央分館・中央公民館改修」に関する
インタビュー記事が掲載されています。

今年の新春特集は「都市(まち)をデザインする」と題して、冒頭に佐藤孝弘山形市長
による山形市のビジョンや、まちづくりへの熱い思いが述べられています。

市長の話の中で、Q1やコパルなどにつづき、中心市街地での取り組みとして、私たちが
関わってきた中央公民館や図書館中央分館のリニューアルや、十一屋本店の建て替え、
十一屋南側の御殿堰整備のほか、エンドーのことも触れられています。

関係者のインタビュー記事として、Q1は馬場先生、コパルは色部館長、すずらん街は
船山理事長がそれぞれ登場していますが、図書館中央分館・中央公民館について、
私がリニューアルのポイントなどについて話した内容が載っています。

山形市内の全世帯(!)に配られているほか、市外の方でもWeb版をご覧いただけます。
広報やまがたWeb版(令和5年度)|山形市公式ホームページ (yamagata-yamagata.lg.jp)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

たつ年

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとってより良い一年となりますようお祈りしております。
事務所は今日から、仕事始めとなります。

今年は「辰年」。
瀧山(竜山)の麓に市街地が広がる山形市にとっては縁起の良い年といえます。
「辰」は「建つ」「立つ」に通じ、万物を建て生ずるイメージに繋がります。
また古くは「ふるう、ととのう」を意味する「振」でもあり、陽気が動いて
万物が振動し、草木もよく成長して形が整った状態を表わすともされたようです。

事務所は今年で創立10周年を迎えます。
この10年で得られた数多くの恩恵に感謝しながら、また培った技術や経験、
繋がった人の御縁、そういった積み重ねもさらに活かしつつ、これまで以上に
精力的に力を振るっていきたいと思います。
本年も事務所のスタッフ一同、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]