news

薬草のとれる山

|葉山の家|

上山市の葉山温泉郷の背後に控える里山は、その昔「医王山」と呼ばれていたようで、
山頂には奈良時代に開基された「葉山神社」が祀られています。

近年は温泉街の人々を中心にして「花咲山」として整備されており、クアオルトの
コースもあり、山の中腹からでも蔵王連峰が雄大に見渡せます。

明治初期のイギリス人探検家イザベラ・バードは、著書「日本奥地気候」の中で、

・・・上ノ山は清潔で空気がからりとしたところである。美しい宿屋が高いところにあり、
楽しげな家々には庭園があり、丘を越える散歩道がたくさんある。ここは日本で
もっとも空気がからりとしているところの一つだといわれる。もしここが外国人の
容易に来られる場所であったら、美しい景色を味わいながら各方面にここから遠足
もできるから、彼らにとって健康的な保養地となるであろう。・・・

と明治初期の上山について紹介しています。
交通網が敷かれ、都市化が進んだ現代の上山ですが、そのベースはうまく残されていそうです。

この辺りの土地のリサーチを継続的におこなっていきながら、設計に活かしていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]