news

「話題のショップをつくる 注目の空間デザイナー・建築家100人の仕事」に掲載されました

書籍「話題のショップをつくる 注目の空間デザイナー・建築家100人の仕事」
(11月12日発売)に、事務所の仕事が掲載されています。

いま人気のサードウェーブコーヒー店やリノベーションホテル、泊まれる本屋など
行ってみたくなる魅力的な空間と、それを手がける全国の100人の空間デザイナー・
建築家が紹介されている一冊です。

私の事務所からは、「山形座 瀧波」「& SLOW LIVING」「kanmi」「月山山麓の
ワイナリーショップ」を取り上げていただきました。

全国の書店のほか、ネットショップ等でもお買い求めいただけます。
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=5088

新しい時代のショップや場所づくりを目指される方にもオススメです。
ぜひご覧ください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

外壁貼り

|桧町の家(住宅新築)|

桧町の新築現場は、いよいよ外壁工事に入りました。
南・東面はスギの下見板張り。「桜小路の家」以来久しぶりの登場です。
保護塗料のウッドロングエコを先に塗ってからの施工です。

北面には屋根と同色のガルバリウム鋼板を横葺きで。
南北でまったく表情が変わります。

内部は天井の厚い断熱材と気密シートが入り、これから仕上げのシナベニヤが
張られる予定です。
リビング南面は樹脂サッシで開口部をたっぷりとっています。

玄関の断熱ドアを開けたところ。
鋼管の列柱がアプローチと駐車スペースを区切る役割となります。
軒が深いので雨雪を避けて家と車の間を行き来できる雪国向けのつくりです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

風穴

|上町の家(住宅新築)|

基本設計がまとまり、これから実施設計に入る「(仮称)上町の家」。
建物形状は全体としてみると切妻屋根のシンプルなものになりますが、
光や風を取り込むように、建物に中庭やテラスといった外部空間が埋め込まれた
かたちとなっています。

プライバシー性は確保しつつも、周囲の自然や庭とつながり、風が通り抜ける家。
開口部の位置や形状はまだまだ検討の余地がありそうです。
暮らしやすい家となるよう、引き続き設計を煮詰めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

gatta!12月号に掲載されました

フリーマガジンgatta! 12月号(11月5日発行)にインタビュー記事等が掲載されています。
4年ぶりの「YAMAGATA COZY STYLE」という特集。
4年前の前回は、コロンの萩原さんとの対談記事で出させていただきました。

今回は、表紙と紹介事例の一つとして「まちの雑貨屋」を取り上げていただき、
終盤にインタビュー記事と「& SLOW LIVING」「月山トラヤワイナリー」
「新丁の家(湯守の旅籠)」の3つのリノベーション事例を載せていただいています。

特集では、山形市内に近年急増しているリノベーションの事例をピックアップし、
それを手がけた空間のつくり手が登場し、それぞれに込めた思いやストーリーを
紹介しています。4年前に比べて明らかに活況を呈しているのがわかります。

県内各所で無料で配布されているほか、現在は電子版ブックでも閲覧できるようです。
https://www.okaze-gatta.jp/

お近くの店舗等で見かけたら、ぜひご覧ください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

JIA会員作品展

毎年恒例の、JIA山形地域会の作品展示会と住宅相談会。
今年の会場は、会員建築家の渋谷さんが監修したguraのホールで。
私の事務所からも、写真パネルと模型を出展しました。

夕方からは構造設計でお世話になっているリズムデザイン=モヴの中田さんの
講演会も。作品展は明日まで二日間の予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

オープンハウスの御礼(桐生新町の家)

昨日までの二日間、群馬県桐生市にて建て主さんのご厚意により、オープンハウスを
開催させていただき、多くの方にご来場いただきました。

群馬県の建築関係者や役所関係者をはじめ、近郊のものづくりにかかわる様々な
方からご来場いただき、遠く山形からも何組か来て頂くことができました。

貴重なご感想・ご助言を多数いただき、本当にありがとうございます。
建て主さんはこれから引っ越しをされる予定で、新たな暮らしをこの家で築いていく
ことになりますが、素敵な生活が営まれていくことを切に望みます。

今後、完成写真を撮影した暁には、事務所のウェブサイトのworksでもあらためて
ご紹介したいと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

庭師

|沼木の家(住宅新築)|

工事のため一度剪定してもらった柿の木ですが、いざ基礎が出来てみるとけっこう
まだ枝を切る必要があることがわかり、再度剪定してもらうことに。

山村造苑の山村社長と職人さんが来てくださり、剪定作業の段取りを確認。
山村社長が幹の成長を予測して切る位置と切り方を職人さんに的確に指示していく
ようすにじっと見入ってしまいました。

基礎工事も無事きれいに完了しました。基礎断熱は100mmの厚さ。
これから玄関ポーチや内部土間のコンクリートを打つ予定です。

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

桧の空中バス

|桧町の家(住宅新築)|

桧町のエントランス部分。張り出した2階の下は駐車スペースになっていて、
軒天に硬質木毛セメント板という材料を張っているところです。

葺き上がった屋根は大きく3つの面が折り曲がりながら連続する形になっています。
下の2面はガルバリウム鋼板の横葺き、一番上の面は縦ハゼ葺きです。

樹脂サッシが取り付き、壁も充填断熱がおわりボードが張られていきます。
天井の断熱施工(内側)はこれから。
屋根形状が室内に現れてきています。ここは1階の広間(リビング)部分。

この桧町の家では、プライベートエリア(主寝室・浴室・洗面脱衣・WCなど)を
2階にまとめています。2階に持ち上がった浴室からは、東の空が広く望めます。
浴室はハーフユニットバスで、壁・天井に桧の板が張られる予定。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

2つの講演会

来週、山形市内で2つの講演会が開催されます。
一つは、私が非常勤で教えに行っている山形大学の建築デザイン学科主催の講演会。
東京の設計事務所「SALHAUS」の共同代表を務める栃澤麻利さんが来られます。

タイトル:「木でつくる新しい建築の可能性」
日時:2018年11月1日(木)17時~18時(開場:16時半)
場所:山形大学小白川キャンパス基盤教育2号館2階222教室
参加費:無料
定員:300名(先着順)
問合せ:山形大学工学部・建築デザイン学科 濱(tel:023-628-4367)

こちらは申込み不要のようです。
どなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。

もう一つが、私も所属している日本建築家協会山形地域会で主催している講演会。
名古屋の構造設計事務所リズムデザイン=モヴの代表である中田琢史さんを
お招きし、木構造のお話をお伺いします。

タイトル:「木造建築の多様なありかた」
日時:2018年11月3日(土・祝)16時~17時半(開場:15時半)
場所:gura ホール(山形市旅篭町2-1-41)
参加費:無料
問合せ:JIA山形地域会事務局(羽田設計事務所内)(tel:023-622-2818)

またこの講演会に合わせて、毎年開催している会員建築家の作品展と住宅相談会が
同会場にて11月3日(土)と4日(日)の二日間に実施される予定です。

私も出展しますので、お時間ある方はぜひ覗いてみてください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

YAMAMORI TRAVEL VOL.14 楯山

2年半ぶりとなるYAMAMORI TRAVELを、金山町にて開催しました。
今回初めて参加される方も半数いましたが、常連さんを含めてとても和やかな
ツアーとなりました。

森林ガイド・白壁さんの説明は、いつもながら聞きやすく、引き込まれる内容。
地元の人にとっては見慣れた日常の山が、白壁さんの解説で多様な植生が
驚くほど発見できる宝の山に見方が変わります。

ツアーの詳細はYAMAMORI PROJECTのフェイスブックページでご覧いただけます。
次回は来年の開催となりますが、ご興味ある方はぜひご参加ください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]