井上貴詞建築設計事務所

山形座 瀧波 nanyo,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 桜小路の家 yamagata,2017 神町のアトリエ | higashine,2016 北のちいさないえ | yamagata, 2017 円応寺通のスタジオ | yamagata,2017 まちの雑貨屋 yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 大河原の家 | ogawara, 2015 窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014 カンノウェルディング | yamagata, 2015 S.O.C.O | yamagata, 2014 きりこばし | minamisanriku, competition 山形ガールズ農場 サマーテント | murayama, 2012 kanmi | yamagata, 2013 森の家 | mamurogawa, 2014 YAMAMORI HOUSE

takashi inoue architects | 井上貴詞建築設計事務所

一見ふつうの日常、ふだん見慣れた景色、そしてこれまで目を向けてこなかったものたち。そこに埋もれたちいさな価値を見いだし、おおきな価値へと引き上げていくことが、私たちの仕事です。少し見方を変えたり、ちょっとした仕掛け一つでも、暮らしの表情は大きく変わります。住宅、店舗、オフィスから、公共性の高い施設まで、どんな建物でも常に人の暮らしに結びついています。私たちは、大小さまざまの建築設計を通して、ヒトと人をつなぎ、質の高いモノを創り出し、つくるプロセスを共有するコトで、これからの社会と暮らしに新たな価値を生み出したいと考えています。あふれる自然や積もった時間を敬い、ヒト・モノ・コトのポテンシャルを引き上げる建築を。東北・山形の地から、これからの暮らし方の新しい質や価値を提案し発信していきます。

井上貴詞|Takashi Inoue 一級建築士

1980年
山形生まれ
2005年
東北大学大学院工学研究科博士課程前期修了
2005年
本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室 設計室主任(〜2014年)
住宅、オフィス、商業施設、ギャラリー等を担当
2014年
井上貴詞建築設計事務所設立

ほか、LCS共同主宰。山形大学、東北芸術工科大学にて非常勤講師

受賞歴

2003年
東北大学卒業設計 青葉奨励賞
2003年
リフォーム・リニューアル・コンバージョン設計 アイディアコンテスト 佳作
2005年
景観開花。コンペ 十選、まちコンやまがたアイディアコンペ グランプリ
2008年
山形の家づくり大賞コンペ 入選
2010年
本間設計における担当物件がグッドデザイン賞、東北建築賞、
木の建築賞等を受賞(〜2013年)
2011年
山形エクセレントデザイン2011 奨励賞(ENDAI/WORKSHOP
2013年
グッドデザイン賞(YAMAMORI PROJECT
2015年
グッドデザイン賞(森の家
2016年
グッドデザイン賞(大河原の家GILDE GARAGE

works

山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017 山形座 瀧波 nanyo,2017

山形座 瀧波 nanyo,2017

創業100年を超える老舗温泉旅館のいきかえりプロジェクト。クリエイティブディレクターを務める岩佐十良氏(株式会社自遊人・里山十帖)のもと、先代が一度再生した築350年の庄屋屋敷や蔵座敷、大正時代の木造校舎の建物をリニューアルし、山形の風土と文化を全身で体感できる場へ変貌しています。3タイプ19室の客室はすべて源泉掛け流しで、市街地にありながらもそれぞれ趣の異なる非日常の時間と空間がつくられています。
山形座 瀧波

Creative director : Toru Iwasa
Branding director : Osamu Suto

月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017 月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017

月山山麓のワイナリーショップ Nishikawa,2017

月山の麓の町にて、江戸時代からの酒蔵を利用したワイナリー内に設けられたファクトリーショップの改装。座敷蔵も併設された江戸時代の古民家をフルに活かして、販売・試飲・展示スペースの機能的な配置をめざしました。地元の西山杉をつかったワイン箱や、古い長持や箪笥を再利用してショップ空間を構成しています。
月山トラヤワイナリー

桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017 桜小路の家 yamagata,2017

桜小路の家 yamagata,2017

桜の名所である城址近くに新たに建てられた個人住宅。敷地北側に広がるパブリックな緑地広場と、敷地内南側に残された竹林によるプライベートな庭という2つの対照的な庭にひらかれた住まい。かつて「桜小路」とよばれた旧町名のとおり、春には桜並木が一望できます。リビングの床材や車庫の梁材などに、蔵の古材を活用しています。

北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017 北のちいさないえ yamagata,2017

北のちいさないえ yamagata,2017

身の丈サイズのちいさなおうちをテーマに新築した、延床面積18坪ほどのコンパクトな個人住宅。玄関からL字につづく土間空間に縁側やキッチンなどの水回りがまとめられています。土間、リビング、寝室と、段差を生みながら空間をつなげることで小さいながらも広がりを感じる住まいを実現しています。

円応寺通のスタジオ | yamagata,2017 円応寺通のスタジオ | yamagata,2017 円応寺通のスタジオ | yamagata,2017 円応寺通のスタジオ | yamagata,2017

円応寺通のスタジオ | yamagata,2016

デジタルコンテンツを制作する会社のオフィス兼録音スタジオ。遮音性能を考慮した録音スタジオを部屋の奥に配し、手前のオフィススペースは可動する建具によって会議スペースに分けることができます。既存のオフィスに併設される拠点施設として、会社のプロモーションや交流を促進させるためのフロントヤードとなります。
デジコンキューブ

まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016 まちの雑貨屋 yamagata,2016

まちの雑貨屋 yamagata,2016

街なかで長らく地域の人たちに愛されてきた医院建築を、雑貨屋としてリノベーション。築50年以上ながらモダンな外観を持つ医院の建物をはじめ、診察室や待合室などの間取りも最大限活かすとともに、代々その家に残されてきたアンティークの家具や道具類を、店舗什器として再利用しています。
まちの雑貨屋 chotto futto -HOME-

市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016 市プロジェクト | yamagata,2016

市プロジェクト | yamagata,2016

古くから「市の街」として栄えてきた山形市中心街で、手仕事・農作物・アート・服・本といった5つの「市」を立て、東北に根ざした活動をおこなうクリエイターや生産者を紹介するプロジェクト。「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」の主幹事業として実施されました。文翔館前庭では地元の竹材店と造園職人の協力を受けながら環状にならぶ竹の小屋のようなものを、御殿堰芝生広場や遊学館ロビーでは家具職人の協力を受けながら点在する祠のようなものを、それぞれの場所性を読み解きながら、みんなで立ち上げていきました。
市プロジェクト

GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016 GLIDE GARAGE | onagawa,2016

GLIDE GARAGE | onagawa,2016

東北の素材と技術を活かしたエレキギターの製造販売拠点。震災復興で新たに生まれた女川駅前のテナント型商店街の一角に入る。モノの価値を伝える場、又その場所自体が魅力的に見えるような「みせるファクトリー」として、地元の木材を活用し建物の躯体である木造の柱や梁、そして製造されるギター自身が引き立つような内装仕上げにしています。
GLIDE

アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016 アトリエるりち舎 higashine,2016

アトリエるりち舎 higashine,2016

神町駅前の住宅の庭先にたつ趣味の離れ。夏は庭一面のミントに囲まれ、爽やかな風が吹きます。ゴチャゴチャした小屋でいいという建て主のオーダーを受け、大量にストックされていた古い母屋の解体材や新しい母屋をつくる際の端材を、大工さんの助言を受けながら自分たちで壁一面に乱張り。既存の棚や障子戸枠なども再利用しつつ、そこかしこに作家の手仕事を感じられるあたたかな「溜まり場」をつくります。
architectural design : Souichi Okada

大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015 大河原の家 | ogawara, 2015

大河原の家 | ogawara, 2015

美術修復士の住宅兼アトリエ。祖父の代から残るちいさな森のような庭に囲まれ、街なかにあって穏やかな環境を保っています。大きなひとつ屋根の下には、生活空間と作業空間が広い土間の上で緩やかにつながっていて、外の庭とも連続してきます。
おいかわ美術修復

窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014 窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014 窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014 窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014

窪畑のオフィス | tsuruoka, 2014

庄内浜にほど近い事務所ビルのリノベーション。土と木を大事に扱う企業の事務所として、大地の恵みともいえるそれらの素材をつかって、自分たちの働く場をつくります。床は庄内浜の砂をまぜたタタキ仕上げと赤松のフローリング。一部壁には同じく現地の砂をまぜた土壁仕上げ。オフィス家具には県産スギ合板を活用しています。[設計完了]

カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015 カンノウェルディング | yamagata, 2015

カンノウェルディング | yamagata, 2015

溶接やSUS加工など金物製作を行なう工房のオフィス兼ショールーム。改修工事は、ほぼ建主みずからがセルフビルドでおこないました。壁と天井は左官職人さんから手ほどきを受けながら、自分たちで漆喰塗り。床は一面に栗の古材を張っています。家具は工房オリジナルで建主みずから制作したもの。
カンノウェルディング

S.O.C.O | yamagata, 2014 S.O.C.O | yamagata, 2014 S.O.C.O | yamagata, 2014 S.O.C.O | yamagata, 2014 S.O.C.O | yamagata, 2014

S.O.C.O | yamagata, 2014

街なかにある倉庫をコワーキングスペースとカフェにリノベーション。既存の躯体であるコンクリートの壁や鉄骨の梁、屋根の下地木材などを現しにして、荒々しい素材感をそのまま内装に応用。長屋のような細長い空間を生かして、その奥行きをワークスペースとキッチンスペースの離れに利用しています。多様なイベントを想定し、客席は固定せず動かしやすいものにしています。[計画案]

きりこばし | minamisanriku, competition

きりこばし | minamisanriku, competition

再生の象徴としての、祈りの橋。南三陸に今も伝わる伝承切り紙「きりこ」のような、人の暮らしに寄り添い、自然に寄り添う橋を提案。復興の橋が位置するのは、町の中心を流れる八幡川が志津川湾に流れ込むちょうど汽水域。橋上に立てば南に志津川湾、北に上山八幡宮、そしてその先には古くから霊山として栄えてきた田束山が鎮座しています。きりこをつくる「折る」「切る」「開く」という3つの所作から生まれる二重らせん構造のジオメトリーが生まれます。[コンペ応募案]
Structural design: Takushi Nakata + Midori Kanayama + Miyuki Saito

kanmi | yamagata, 2013 kanmi kanmi kanmi

kanmi | yamagata, 2013

蔵王の麓にある焼き菓子店。飾り立てないシンプルさをコンセプトに、菓子の甘味が引き立つような、プレーンな空間に仕上げています。左官職人さんによる白い漆喰壁に家具職人さんによる無垢材のテーブルが置かれた店内からは、周囲に溢れる自然も味わうことができます。

森の家 | mamurogawa, 2014 森の家 | mamurogawa, 2014 森の家 | mamurogawa, 2014 森の家 | mamurogawa, 2014

森の家 | mamurogawa, 2014

自然豊かな里に建つ古民家のリノベーション。住まい手は、この地で代々作物をつくり続けている伝承野菜農家の若き跡継ぎで、現代的で自由な感覚を活かした新しい古民家暮らしを実践しています。過去の改修で隠れてしまっていた民家の構造体を表し、玄関を兼ねた土間スペースをつくるなど、時代を超えた包容力のある空間が広がります。
森の家

山形ガールズ農場 サマーテント | murayama, 2012 山形ガールズ農場 サマーテント 山形ガールズ農場 サマーテント

山形ガールズ農場 サマーテント | murayama, 2012

真夏の食育&農業イベントのための一日限りの日よけテント。材料はすべて農業用資材を活用し、設営も自分たちでセルフビルド。現地の芝生広場にあわせてつくられた直径25mのドーナツ型のテントは、時間によって刻々と変化する環状の日陰をつくり出し、来場者の休憩・飲食や出店者の居場所として使われました。
山形ガールズ農場

YAMAMORI HOUSE YAMAMORI HOUSE YAMAMORI HOUSE

YAMAMORI HOUSE | yamagata, 2014

山形県産合板などの県産スギ材でつくられた組立式の木の小屋。1.5帖程の屋根下スペースに加え小さなデッキテラスも併設しています。イベント時の出店として、また庭先や工房の一角にアトリエとしてなど、様々な使われ方が想定されます。組立/解体も容易にでき、大型車で運搬することも可能です。
YAMAMORI PROJECT

1 お問い合わせ

井上貴詞建築設計事務所まで、まずはメール・電話にてお気軽にご連絡ください。 →contact

2 建築相談

ご連絡をいただいたのち、まずは直接お会いして、私たちの設計に対する考え方や進め方などをご説明いたします。場合によっては設計事例を実際にご案内いたします。お客様の計画地やご要望、ご予算などをお聞きし、さまざまなご質問等にお応えします(土地探しからご一緒することも可能です)。[費用:無料/期間:随時]

3 企画提案

ご依頼に応じて、ご要望や敷地状況、法規の条件を調査・整理した上で、企画段階での大まかな考え方やイメージを検討し、簡単な図面と模型を使ってご提案します(第1回プレゼンテーション)。お客様にはその計画の方向性や考え方について検討・協議していただき、進めるか取りやめるかご連絡いただきます。[費用:10万円前後(※)/期間:3週間〜1ヶ月ほど]
※規模・内容に応じて変わる場合があります。なお、設計監理契約に至った場合、その契約金額に充当します。

4 設計監理契約

設計に対する考え方などが気に入っていただけたら、設計監理契約を結びます。契約に際し、建築士法で定められた重要事項説明をおこないます。また全体工程表や資金計画書を作成し、完成までの流れを一緒に確認していきます。

5 基本設計

契約後、本格的な設計がスタートします。最初の企画提案に対するご意見等を踏まえ、基本図面や模型を使って打合せを重ねながら、お客様にとって本当に良いものを一緒につくっていきます。今後の方向性を定めるもっとも重要な段階なので、時に一から考え直すこともいとわず、予算を考慮しながら検討を繰り返します。[費用:設計監理料の20%/期間:1〜3ヶ月ほど]

6 実施設計

基本設計が固まったら、それを元に材料や機器、そのほか仕上げなどの詳細な情報を盛り込んだ図面を作成していきます。この詳細図が、施工者が見積もりを算定できるようにするための大事な図面になります。キッチンや浴室、トイレなどの設備や照明器具などの仕様を一緒に決めていきます。[費用:設計監理料の30%/期間:2〜3ヶ月ほど]

7 工事見積り

実施図面作成後、施工業者3社ほどに見積りを依頼します(場合によって、お客様のご指定や信頼のおける1社に絞って依頼します)。各社から提出された金額、技術、対応力などを総合的に判断し、施工者選定の助言をおこないます。予算調整が必要な場合は、変更図面を作成して再度見積りを徴収します。[費用:設計監理料の20%/期間:3週間〜1.5ヶ月ほど]

8 工事請負契約

予定金額に見合った施工業者と工事請負契約を結んでいただきます。契約の際には私たちも監理者として立ち会い、一緒に契約内容を確認していきます。

9 建築確認申請

工事見積りと並行して、役所または民間検査機関へ建築確認申請の必要書類を作成、提出をおこないます。確認済証を受領したら、晴れて着工となります。[費用:申請手数料別途必要/期間:3週間〜2ヶ月ほど]

10 工事監理

着工後は、お客様に代わり、設計図どおりに施工がおこなわれているか、品質性能上問題がないか、現場で都度チェックしていきます。現場の状況は定期的にご報告し、最終的な仕上げの色などは現物サンプル等で確認していただきながら、細部にわたって決定していきます。お客様、施工者、私たちの三者が想いを一つにして、完成に向けて家づくりのプロセスを楽しみながら進めていきます。[費用:設計監理料の20%(上棟時)/期間:5〜7ヶ月ほど]

11 完成・引渡し

建物が完成したら、施工者、私たち、お客様の三者それぞれによる不備や不具合がないかの竣工検査と、確認検査機関による完了検査を行います。それら検査の内容により手直し工事が入り、検査済証を受領すれば、施工者からお客様へ無事お引渡しとなります。その後引っ越し、入居が可能です。[費用:設計監理料の10%±差額分(※)]
※最終工事費から設計監理料を確定し、差額分を調整します。

12 アフターメンテナンス

入居後およそ一年が経過した時点で、施工者と一緒に一年後検査をおこない、修繕箇所や不具合がないか確認します。また、何か問題やご相談があるときはその都度対応します。

※上記内容は、新築木造住宅の場合の目安となります。→詳しい設計の流れ.pdf(156KB)

設計監理料について

建築士の業務報酬は国土交通省告示第十五号に定められています。私たちの事務所では、実勢価格を考慮し、以下のように設定しております。建物の用途や工事費により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

建築工事費 料率 設計監理料
1000万円〜 11.5% 115万円〜
2000万円〜 10.5% 210万円〜
3000万円〜  10.0% 300万円〜
4000万円〜  9.5% 380万円〜

※料金は新築住宅の場合(税抜)になります。

○設計監理料に含まれるもの
基本設計図、実施設計図、模型制作業務、建築確認申請業務、工事請負契約時の補助、工事監理業務、それらに要する打合せ・資料作成業務 →詳しい設計の流れ.pdf(156KB)

○設計監理料に含まれないもの
調査費(敷地測量、地盤調査など)、確認申請手数料、遠隔地への交通費や滞在費、構造設計料(一般木造以外の場合)、設備設計料(特殊な設備の場合)

交通・アクセス

アクセスマップ

井上貴詞建築設計事務所
[オフィス]山形県山形市緑町4-3-5 2F 〠990-0041
Google mapで見る
[スタジオ]山形県山形市小姓町1-37 2F 〠990-0032
Google mapで見る

一級建築士事務所 山形県知事登録(1406)第1946号

事業内容
○建築、インテリアの企画・設計・監理
(住宅、集合住宅、店舗、オフィス、ギャラリー、医療福祉施設、文化施設など)
○プロダクト、家具などの企画・デザイン
○都市計画、まちづくりに関するコンサルティング・調査・研究

お問い合わせ

いつでもご相談に乗ります(無料)。下記のメール又は電話でお気軽にご相談ください。

info@takashiinoue.com

tel&fax 023-665-4865

井上貴詞建築設計事務所