news

心の鏡

昨日、羽黒山・出羽三山神社の鏡池の清掃活動に初めて参加させていただきました。
NIPPONIA白鷹 源内邸でお世話になったとみひろの冨田さんからのご案内もあり、
自然と導かれるように鶴岡まで行ってきました。

羽黒山の出羽三山神社は以前も訪れたことがあったのですが、その時はこの本殿前に
ある「鏡池」の存在にはまったく気づきもしませんでした。
(本殿の立派な茅葺きの方にばかり気を取られていたかもしれません、、)

今回この清掃活動のおかげで、私もこの鏡池こそが羽黒山のご神体であり、山頂に
ありながらも古来より水が涸れることのない神秘の泉だということを学ぶこと
ができました。

この鏡池は、30年ほど前からコウホネと呼ばれる水草の繁殖や長年の枯れ葉等の
堆積物によって池全体が植物類で覆われてしまったといいます。

そこで5年ほど前から、東の奥参り推進協議会や山形掃除に学ぶ会が中心になり
神社の了解を頂きながら毎年清掃活動を行ない、少しずつ綺麗にしているようです。

当日は前もって池の水を半分ほどポンプアップして抜いておき、過去手を付けられ
なかったエリアを中心に、早朝から40人ほどの参加者が集まって拡販に分かれ、
池に入って作業する班(私も)は皆胴長を履いて水に腰まで浸かりながら、ひたすら
人力で草を刈りその茎や根を除去していきます。

通常は立ち入りを禁じられているご神体そのものに足を踏み入れるわけなので、作業前
には参加者全員が本殿で正式参拝にてお祓いをしっかりとしていただきます。
池に入って水草類を除去していく班、その除去物を運搬し軽トラに積み込む班、
それを近くの場所まで運び捨てる班、それ以外に池周辺を清掃する班と、それぞれが
黙々と作業を行なった結果、午前中だけでも池の水面の範囲が広がった気がします。

1枚目(南面から)と2枚目(東面から)の写真は作業直後の池の様子ですが、撮る角度・方位
によってもだいぶ印象が違います。ネットで見られるような植物が繁茂している過去の
状況と比べると水が半分抜かれた状態でも水面がきちんと見られるようになり、うっすら
本殿も水面に反射して映っているのがわかります。

おそらくもっと昔は、水も相当澄み、周りの木々も小さく、池の水面が本当の鏡の
ような姿で、季節や見る位置によっても様々変化していく神秘の存在だったのが想像できます。
また数日後、元の水位まで戻ったときにはもっと綺麗に見えるはずです。
羽黒山に行く機会のある方は、三神合祭殿前のこの鏡池をぜひ注視してみてください。

ちなみに、早朝からの集合・作業だったので、前日の夕方に羽黒山入りして、
冨田さんはじめ数名の方と、出羽三山神社に隣接する参籠所「斎館」に宿泊させて
いただきました。こちらも以前からずっと気になっていた場所です。

元は華蔵院という羽黒山の由緒ある寺院で、明治の廃仏毀釈の際にも取り壊されず
貴重な遺構として現在まで残り、使われています。

いわゆるサービスの行き届いた宿泊施設とは異なりますが、羽黒山の巨木に囲まれた
聖域ならではの静けさや朝晩の空気の清らかさは他では得がたく、またこの空間で
頂く精進料理は、周囲の山麓で採れる山菜やキノコを中心にした滋味に富むもので、
心身共に養生させていただきました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

秋の味覚

「五祭所の家」に伺ったタイミングで、ちょうど家の栗がとれたからと、お昼に栗ご飯を
頂いてきてしまいました。汁物には、山形の芋煮です(感謝)
もう言うことはありません、、スタッフ共々ただ黙々と堪能しました。

周辺の稲穂もすっかり大きくなり、秋一色ですね。
土間の軒下で一休み中の蛙君も、どこかちょっと寂しげに見えます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

オープンハウスの御礼(阿古屋の家)

二日間にわたる阿古屋の家のオープンハウスも、盛況のうちに無事終えることができました。
ご厚意でこの場を提供してくださった建て主さん、ご協力いただいた施工者の高木さん、
そしてご来場いただいた見学者の皆様、あらためて御礼申し上げます。

建築相談中のお客様には、うちの事務所が手がける空間を五感で感じてもらうことができ、
現在設計中のお客様には、図面やサンプルだけでは伝わりきらない1/1スケールの生の感覚で
確かめてもらうことができ、これまでの建て主の皆さんには、事務所の設計の現在地を
お伝えすることができたと思います。

また建築関係者や学生の皆さんにも見てもらい感想・批評を頂くことで、自分たちだけでは
気づかなかった視点や違った受け取り方に気づくことができ、客観的に振り返ることができる
貴重な機会となります。

次回のオープンハウスはしばらく先になりそうですが、今回参加できなかった方も、ぜひ次回
ご参加いただければ幸いです。次回の日程は、わかり次第事務所ブログ、フェイスブック等で
ご案内していきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

中山建築設計事務所×加藤建築

うちの事務所でよくお世話になっている加藤建築さんが施工された新築住宅の完成見学会が
今週末鶴岡市で開催されるようです。

設計はうちではなく笑、関西を拠点に活動されている建築家の中山大介さんによるもの。
実は中山さんが山形県内で住宅の施工者を探しているときに、うちで手がけた「北のちいさな
いえ」(施工:加藤建築)を見つけて、繋がったご縁でもあります。

中山さんの設計は外部もほぼ木製建具、外壁も内壁も漆喰塗り、羽目板もほぼ節なし、
とこだわり抜かれたもので、写真からもその佇まいの上品さが感じられます。

私自身、オープンハウスでこの建築を体感するのを楽しみにしていますが、中山さん
たっての希望ということで、より多くの山形の人に見ていただきたいということです。

完成見学会の主催は加藤建築さんで、下記ウェブサイトより申込み・問合せが可能です。

完成見学会を開催いたします | 加藤建築 – STORAGE – (kato-arc-storage.jp)

加藤建築さんの大工、原田左官さんの漆喰壁など、クオリティの高い職人技術も見物です。
山形で建築に携わる方、建築をまなぶ学生さん、ぜひ足を運んでみてはどうでしょうか。

(上記写真2点は加藤建築さんからご提供いただいております)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

連関

町家守プロジェクトの第3回大掃除。
少しずつですが着実に片付いていきます。

市内の大学生に加え、高校生の有志も交ざり、築150年以上は経つであろう
町家の建物に新たな風が吹き込んでいます。

表の通りから、店・居間・中庭・座敷蔵・池庭・物置・畑と連なる町家の構成は
何度見ても、自然と建築が織り交ざった面白い造りです。

町家守プロジェクトはまだまだ続きますので、興味ある方はぜひご連絡をお待ち
しております。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

修験者たち

先日、とある調査の一環で、通称「裏・山寺」へと行ってきました。
息を呑むほどの絶景、まさに自然崇拝の聖地とよべる場所です。

山寺(立石寺)の歴史を重ねた石段を上るのも悪くないですが、こちらはもはや
人の手があまり入らずありのままの自然(とその造形美も含めて)を体感しながら、
往時の修験者が何を見て感じていたか、山を巡りながら追体験しているようです。

どうしても写真映えする「垂水遺跡」に目が行きがちですが、それ以外にも
不思議な安心感を覚える、隠れ家のような森の中の広場など、どこも見どころの
多いとても充実感のあるハイキングコースとなっていました。

ガイドさんを伴いながら全体をめぐっておよそ2時間程度。
やはり立石寺と両方回るとなるとそれだけで一日つぶれてしまいますが、山寺は
行っても裏山寺はまだ行ったことないという方はぜひ足を運んでもらいたいところです。
ただ基本的に山道なので、ある程度ハイキングに適した服装・装備でいくのが無難です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

町家の奥

山形町家の片付け作業第2回目。
荷物の量が減ったからか、動かなかった建具が開くようになったり、建物の中を
気持ちのよい風が通り抜けるようになってきました。

写真ではうまく映っていませんが、引き戸をそれぞれの部屋で開放させると数十
メートル先の蔵の奥の庭まで視線が抜けていきます。

来月もまた第3回目の片付けを行なう予定です。
ご興味ある方はぜひ事務所までお問い合わせください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

モーニングセミナー

山形市蔵王倫理法人会が主催するモーニングセミナーにお招きいただき、講師として
お話しさせていただきました。

「土地の歴史・文化と対話する建築」と題して、これまで携わった改修案件の中でも
より築年数の多い古民家の再生を中心に、「歴史」と深くつながりながらもどう
現代にその価値を見いだし活かしていくかについて話をしてきました。

山形グランドホテルでの対面とzoom配信のハイブリッドにて、早朝から様々な方に
聞いていただけて私にとっても学びの多い機会となりました。
ありがとうございました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

庭と家

昨日は「艸の堂(くさのたかどの)」の一年後検査でした。
施工を担当した高木の阿部さんと久々にお邪魔してきました。
広間から見える庭の緑が青々としていて、市街地に在りながらもとても清々しい
環境になっています。

写真のYチェアは元々建て主さんが持っていたものですが、背もたれ部分が折れて
使えなくなっていたものを、新築工事のタイミングで土澤木工の修次郎さんに
土澤木工|無垢材家具工房|山形 (tsuchizawamokko.com))リペアをお願いし
見事に竣工後直って再びダイニングで使えるようになったものです。

「艸の堂」は延床面積が60坪以上ある比較的大きな住宅ですが、昨年の雪の多い
冬でも、1階の床下エアコン1台とペレットストーブ1台だけで十分快適に過ごせた
というお話をお聞きし、省エネ性能を高めた甲斐がありました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

座敷蔵の夕べ

週末、「小白川の座敷蔵」の竣工写真の撮影をおこないました。
昨冬完成していましたが、既存の庭の緑が芽吹いてきたタイミングで、待ちに待った
撮影となりました。二世帯住宅の改修の上、座敷蔵もある建物なので、かなり
いろんな見どころができたのではと思います。

写真ができ次第、事務所ウェブサイトのworksにアップする予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]