news

竣工に向けて

|千日の町家|

酒田の現場は、仕上げ工事も追い込みです。
2階の個室からは、隣家の瓦屋根が目前に。

床はあづみの松フローリング、壁は漆喰調のクロス、天井はシナベニヤ貼りです。

2階のトイレの窓からは、図らずも鳥海山が望めます。

こうしてみると周りはすべて瓦屋根ですね。

1階浴室は、ハーフユニットバスで、壁天井の仕上げは桧板貼りとしています。
ヒノキの木目もとても綺麗な材料を入れていただきました。

隣家との間には板塀が立つので、囲われた坪庭に開かれた浴室になります。

1階の半屋外駐車スペース。
くり抜かれた壁の開口の先にはお隣さんの庭が借景となって切り取られます。

外壁はジョリパットの吹き付け仕上げですが、周辺はサイディング貼りの家々が多い
なかで、素形ながらも存在感を放つ建物になっています。

オープンハウス(内覧会)は、来週末(28日、29日)に予定しております。
<お知らせ>オープンハウスを開催します(千日の町家) | 井上貴詞建築設計事務所 (takashiinoue.com)

庄内では初めての完成物件です。予約制ですが、まだ空きはありますので、
興味ある方はどなたでも気軽にお申し込みください。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

なでら

|李山の家|

米沢・李山の現場。立上り基礎コンクリートが出来上がって、これから木造の
建て方を待つばかり。

2階が小さく、平屋に近いため延床面積の割には大きな建物に見えます。

敷地周辺。緑も少しずつ濃くなってきています。
背景の斜平山に抱かれたような住まいです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

座頭町

|座頭町通りの家|

現在実施設計中の米沢市内の新築住宅について、敷地の地盤データを知るために、
地盤調査に入っていただきました。

すぐ後ろにはご実家の建物があり、既存の舗装面を事前に掘削しての調査でした。
どうしても既存車庫と被って調査できなかったところは、解体後の再調査になります。

敷地前の通りは、かつて米沢城下の北部に当たり、座頭町と呼ばれていたようですが、
その名残を感じるものはもはやこの「座頭稲荷神社」くらいしかないようですね、、

米沢が生んだ建築家で東大名誉教授の「伊東忠太」はこの座頭町生まれだったとか。
米沢の歴史ももっと調べてみたくなりました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

キジ

|李山の家|

米沢の現場で、基礎の配筋検査をおこなってきました。
この数週間でまわりの残雪も一気に消えてきましたが、まだかろうじて融けずに
残っている塊も、、

裏の畑を眺めていたら、何やら動く気配。
オスの雉が散歩していました。このあたりは里山も近く、いろんな動物が
身近に暮らしているようです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

桃色月

|千日の町家|

酒田の現場は、外装の仕上げ工事に入っています。
事務所で採用することの多いジョリパットという外壁の塗材です。

建て主さんと選んだ薄いグレー系の色。
陽の当たり具合で濃くも薄くも見えます。

今回の仕上げ方は「小粒ロックS」という吹付の仕様になりましたが、
酒田の砂浜も連想しつつ、うまく表情も出ていて良かったです。

この日は、現場に来る前に鶴岡の材木屋さんにも寄ってきたのですが、
倉庫わきに何気なく建つ木造の上屋に、しばし心惹かれました。

現場では、2階への階段もできつつあります。
段板は赤松集成材、蹴込み部分はクロスの予定です。

西側の坪庭に面する浴室。
ハーフユニットバスで、壁・天井にはヒノキ板が張られます。
窓からの光が浴槽に差し込んでいました。

現場を見ながら打ち合わせもしていると、あっという間に夕方になります。
酒田からの帰り道、やけに月が輝いているのが気になり、月山のふもとから
立ち止まってみました。4月の満月をピンクムーンと云うのを初めて知りました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

雪の地層

|李山の家|

見渡す限り快晴の朝、米沢にて新築住宅の地鎮祭をおこないました。
今年の雪の多さを物語るように、いまだに周辺は真っ白です、、
多雪の米沢の中でもさらに雪の多い地域に建つため、春先を待っての着工となりました。

敷地の北側にも、まだまだ雪が残ります。
夏の完成へ向けて、これから現場が始まります。
施工は米沢の網代建設さんが担当します。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

光庭

|千日の町家|

大学の春休みを利用して事務所のインターン・オープンデスクに来てくれる学生が、
この春は例年よりも特に多くて、2~3月は入れ替わりでいろんな方に来てもらいました。

新学期を目前に、春休みのオープンデスク期間もまもなく終わります。
昨日は2人の学生を連れて、一路酒田の現場へ。

電気の配線工事と、断熱気密工事がだいぶ進みました。
中間気密測定に向けて、気密処理の漏れがないか細かくチェックしていきます。

2階の光庭から陽の光を取り込み、それが各所に広がっていきます。
とても気持ちのよい青空の庄内、2階トイレの窓からは鳥海山が白くくっきりと
望むことができました。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

里の社

|月日坊|

里の宮の目の前の敷地で、地盤調査をおこないました。
一度先月に調査に入ってもらおうとしたものの、あまりの雪の多さに除雪が
大変なので時期をズラした方が賢明という判断で、雪解けを待ってようやく実施となりました。

こちらの実施設計は大方できあがってきたところです。
着工に向けてさらに詳細を詰めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

ボーリング

|水の辻|

残雪・狭小地・街中…と、地盤調査をするにはだいぶ制約の多い中で、何とか
調査に入っていただきました。

この調査結果を基に、これから構造含め実施設計を本格的に進めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

町家

|千日の町家|

酒田の現場は、断熱工事の真っ最中。
外側の付加断熱も入っているので、内側の充填断熱が入ると、室内は一気に
音が吸い取られたようにしんと静けさに包まれます。

外壁の下地サイディング張りもおおよそ終わりそうです。
一枚一枚がけっこうな重量なので、運ぶ職人さんも大変そうです。
ようやく、晴れの日が増えてきて、あたたかくなってきました。

通りからの外観。手前はガレージとして、大きく口を開けた形になっています。
間口が限られ、奥に長い、短冊状の敷地です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]