news

飯豊型エコハウスへ

|椿山荘|

秋晴れの飯豊の現場です。
外回りはだいぶ仕上がっています。

2階へ上がる階段も出来てきました。
天井材のラワンベニヤも貼られています。
ウッドショックの影響からか、ベニヤ類も入手しづらい状況ですが、高岡建築さんの
方でだいぶ前から材料を押えておいてもらえたおかげで、無事施工ができています。

ちょうど気密測定(中間)をしているところでした。
今のところのC値=0.7㎠/㎡という結果で、薪ストーブの煙突などもありながらも
まずまずの数値が出ているのではないかということです。

飯豊の冬に向けて、暖かい家に仕上げていきます。

(米谷撮影)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

更新

|松原口の家(戸建てリノベ)|

山形市内の住宅改修現場。既存の内部解体がすすみます。
築30数年の建物、当時も断熱材は入れていますが、こうしてみるとやはり時代を
感じます。もちろん、この古い断熱材はすべて除去して、新しい断熱材を入れた上、
付加断熱も行なう予定です。

上階のベランダ部分。腰壁もだいぶ傷んでいたので、目隠しに貼られていた木材を
含めて一旦取り外し、壁材を貼り替えます。
劣化が著しいデッキ?材もしっかり更新する予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

黄金色

|小田島のオフィス(リノベーション)|

県内を車で走っていると、稲刈りの済んでいる田んぼもだいぶ増えてきたようです。
東根の現場前の稲穂も、刈られるのは時間の問題でしょうか。

現場の内部。新たな事務スペースが奥までつながって、だいぶ広々と感じるように
なりました。サッシが来るまでもうしばらくかかりそうですが、仕上げ材を検討しつつ
細かい部分を建て主さんと詰めていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

眺山

|椿山荘|

飯豊の現場は東斜面の高台に立っているので、東南方向や東北方向の遠くまで
見渡すことができます。2階のこども室からは、川西町との境にある「眺山」
が手に取るように近くに感じられます。

内部の断熱工事もそろそろ終わりそうです。
専門業者さんによる細やかな施工で、見るからに冬でも暖かくなりそう。
来週末には気密測定を行なう予定です。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

赤銅色

|椿山荘|

飯豊の住宅現場、屋根の板金が葺き上がりました。
紅い屋根を取り入れたのは、「北のちいさないえ」以来かもしれません。
薪ストーブの煙突もついて、だいぶ外観も見えてきました。

内部では、断熱材を充填する工事が進められています。
しっかり気密シート(防湿シート)も貼られています。
南面の開口部は、「阿古屋の家」につづき今回も木製サッシを入れています。

外壁材の張り方もはじまっています。
外壁は屋久島地杉の板材を大和張りにしています。
塗装はウッドロングエコで、シルバーグレー色に仕上がっています。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

内部配管

|小田島のオフィス|

東根の事務所改修現場は、内部で設備配管工事中。
新たな機器の位置に合せて、配管をめぐらせます。

玄関前にはこれから下屋を付け足します。
風が強いエリアなので、軒が出ていると少し安心できます。
東側には水田が広がります。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

親から子へつなぐ家のバトン

|松原口の家(戸建てリノベ)|

山形市内の住宅改修現場がはじまります。
建て主・設計者・施工者が集まり、安全祈願祭(地鎮祭)を実施しました。
建屋内の紅白幕が賑々しさを演出しています。

およそ30年前に建てられた改修前の外観です。
断熱改修もしっかり施しながら、代替わりで新しく暮らすご家族のために
より良い家づくりをしていければと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

邂逅

|小田島のオフィス(事務所リノベ)|

東根のオフィス改修の現場、内部解体が進んでいます。
元々天井内に隠れていた大きな水平梁が出てきました。
これから、屋根の勾配なりに300センチ分の厚い断熱を施したうえで、斜めに
天井をつくり直すので、この水平梁や束などが現しになってきます。

元々北側にしかなかった出入口を、通りに面した東側に新たに設けます。
これまでのファサード(立面)とはだいぶ違った顔を見せてくれそうです。

外部の足場も掛かっていました。
外形は改修前とほぼ変わりませんが、開口部はすべて樹脂サッシに入れ替える予定で、
省エネ性能を高めながら街への表情はガラッと変わるはずです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

高砂や

|椿山荘|

飯豊の現場は、無事上棟式を迎えました。
五色の旗が風になびいています。

建屋内で、大工さん達と建て主さんとで簡単な式を執り行いました。
昨年の長井の現場の時もそうでしたが、集まった奉献酒の数の多いこと。

世の中の状況的にも、餅まきや直会まではできませんでしたが、節目節目を大事に
しながら、少しずつ住まいが出来上がっていく楽しみを建て主さん達と共有して
いければと思っています。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

蕎麦と栗

|李山の家|

現在実施設計中の米沢の住宅について、地盤調査の立ち会いに行ってきました。
敷地の東側は一面の蕎麦畑が広がっています。
蕎麦の白い花が咲くようすが、秋を感じさせますね。

敷地内にやや高低差はあるものの、地盤としては良好のようです。
しっかりとしたベタ基礎で計画していきます。

奥の栗の木をみると、青々とした栗の実がだいぶ大きくなっているようです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]