news

定例

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

昨年から続く白鷹の現場。年明け初の定例会議で現場の進捗も確認してきました。
離れ蔵の客室棟は、下屋部分もだいぶ仕上がっています。

吹抜蔵の客室棟は、壁の塗装もおわり、浴室のタイル下地モルタルを施工中。

板蔵の客室棟は、木工事が進行中。
床材は元々敷いてあったクリ材を一旦剥がして断熱材を入れてから戻しています。

母屋前には左官屋さんが仮設で作業小屋をつくっていました。
モルタルを練っているところです。

屋外は除雪をしながら。造園屋さんがメインアプローチの砂利を敷いています。
両側の石は元々ここに敷かれていたものですが、落ち葉等が堆積してほぼ見えなく
なっていました。地元の中川石か高畠石のように見えます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

worksを追加しました(松尾川の家)

事務所ウェブサイトのworksに、昨年末完成した住宅リノベーション「松尾川の家」を
追加しました。周囲を山河に囲まれたロケーションで、この大雪で真っ白に包まれた
景色は貴重だったため、引っ越し直前のタイミングで撮影させていただきました。

敷地は、国の重文に指定されている観音堂へ至る参道のすぐ近くにあります。
松尾川の流れに沿うように建つ平屋の住宅を全面改修しました。改修にあたって、
建物主要部は充填断熱+付加断熱を施し、省エネ性能を大幅に向上させています。

建て主さんの意向で既存の薪ストーブを再利用していますが、既存のエアコン一台だけ
でも十分暖かくなることはオープンハウス時に体感済です。

施工:株式会社加藤建築

詳しくは、事務所ウェブサイトworksをご覧ください。

松尾川の家 | 井上貴詞建築設計事務所 (takashiinoue.com)

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

聚楽

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

朝一の現場定例の後、いつものように皆で現場を回ります。
レストラン棟も少しずつ手が入っています。
外壁の補修にはじまり、下屋に設けるトイレの部分も始まっています。

四番目の客室棟も一階部分にいよいよ着手。
それぞれの建物の個性を活かしつつ、材料もなるべく再利用しながらつくっていきます。

各棟で浴室の仕上げ工事もはじまっています。
すべての客室がヒバ板を浴室の壁・天井に用いていて、浴槽はヒノキ製です。

フロント棟では、左官屋さんが既存の塗り壁の仕上げを除去し、あらためて下地処理
しているところです。濃い抹茶色の仕上げが施されていましたが、表面を剥くと、
中から黄土色の聚楽壁が姿を見せていました。

どの時代、何の意図で緑色に塗られてしまったのかわかりませんが、今回どの色に合わせて
いくのか、慎重に考えていきたいところです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

水墨画

|松尾川の家(戸建てリノベ)|

松尾川の家も本日無事お引き渡しです。
山形にも一気に寒波が押し寄せてきて、あっという間に雪化粧です。
水墨画のようなこの景色を、薪ストーブの火とともに楽しめる家になればと
願うばかりです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

蔵とともにある

|小白川の座敷蔵(戸建てリノベ)|

小白川のオープンハウスまであと一週間。
現場内も全容が見えてきました。
座敷蔵の姿を一望できる親世帯のダイニングキッチンには手すりも設置済み。

ちょうど左官屋さんが漆喰を塗っているところでした。
天井はラワンベニヤです。

子世帯のリビングダイニングキッチン。
太鼓張りの障子もついて、柔らかな光の印象です。
親世帯のシックな階段に対して、こちらは薄いグレー色の鉄骨階段。

東面の外観ですが、あくまで外は以前の建物のデザインを踏襲したものになっています。
屋根は再塗装、外壁は同色のリシン仕上げ、開口部はすべて樹脂サッシに入れ替えましたが
サッシ色は以前と同色です。2階には洗面所から出られる小さなデッキテラスを新設しています。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

雪間近

|(仮称)NIPPONIA白鷹(古民家ホテル)|

白鷹の現場、雪の気配もすぐそこまで迫っている気がします。
西山もうっすら白く染まり始めています。

蔵の外壁の補修や蔵戸まわりの修復が各所でおこなわれています。
下地段階から土を塗り重ねていく方法は手間もお金もかかり過ぎるので、下地の
崩落部分はモルタルで塗り固めています。

蔵の外壁や窓を、風や雪から守るための鞘堂が半分くらい朽ち果てていたので、
同じような材料で差し替え、ウッドロングエコで古色に仕上げています。

離れ蔵の洗面所部分ができてきました。壁や天井で使用している杉板は、敷地内の
各建物で内部解体時に出てきたものを再利用しています。

着々と、一棟ずつ完成に向けて仕上げが進められています。
吹抜蔵は高窓からやさしい光が射し込んできます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

川音

|松尾川の家(戸建てリノベ)|

蔵王半郷の現場、今週末のオープンハウスを控え、急ピッチで仕上げが進められています。
プラスター塗りの内壁も落ち着いた風合いです。

おかげさまで、土日ともほぼ予約が埋まっている状況です。
お申し込みいただいた皆様には、蔵王山麓の自然に抱かれた敷地環境を体感して
いただければと思います。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

追い込み

|小白川の座敷蔵(戸建てリノベ)|

小白川の現場も、残り二週間の工期となり仕上げ工事も追い込みに入ってきています。
子世帯のスチール階段に、段板が一枚ずつ取り付けられていきます。

子世帯の2階部分。断熱改修を施した天井にラワンベニヤが貼られていきます。
南からの光をたくさん取り入れる窓辺になります。

座敷蔵の2階、これまでは10センチほどの断熱材しか入っていませんでしたが、
その3倍ほど断熱施工をおこない、蔵の雰囲気をとどめながら親世帯のリビングと
寝室に変えていきます。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

げそ天を求めて

|エンドー(厨房リニューアル)|

保健所検査も無事終わり、気づけばあっという間に二週間。
リニューアルオープン日も12月8日(火)10時に決まったようです。

いろんなオープン記念があるようなので、ぜひ足をお運びください。
ぜひその目で全容をご確認ください。変わったのか、変わってないのか、、
エンドーの魅力は体感してナンボなので、ぜひお楽しみください。

ある視点から見ると、ゲソっぽく見えてくるところもあるとかないとか、、

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]

外にも内になる土間

|五祭所の家|

長井の現場の設計事務所検査。
ロフトに上がらないと見ることのできない、ライトシェルフの上部。

オープンハウスの際にはできていなかった土間テラス。
土間を室内化する格子戸を、塗装屋さんが塗ってくれています。

室内から見るとこんな感じ。
格子戸をすべて閉じると、半屋外に見えていた土間空間が急にリビングの延長として
見えてくるようになります。

外から見ても、内部の様子は見えなくなります。
これで、残工事もほぼ終わり、引き渡しを待つばかりです。

 

 

[ 東北|山形|一級建築士事務所|井上貴詞建築設計事務所 ]